ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さユり「フラレガイガール」楽曲提供のRADWIMPS・野田洋次郎からコメント到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

RADWIMPS・野田洋次郎独自の言葉世界とさユりの凛とした歌声がひとつになった、過去の思いから”それでも”の先の未来へと進む、”過去”と”未来”が共鳴した心境地のラブソング「フラレガイガール」。この楽曲が、明日11月22日より全国の主要CDショップで先行試聴が開始される。さらに、「フラレガイガール」を楽曲提供・プロデュースした野田洋次郎氏による、「フラレガイガール」の物語が綴られたコメントも公開された。

「フラレガイガール」への思い、そしてさユりがいかにして「フラレガイガール」であるべきだったのか、その歌世界とさユりの声がお互いを呼び寄せひとつになった物語が綴られている。

また、「フラレガイガール」のミュージック・ビデオは11月末に公開予定。

野田洋次郎(RADWIMPS)コメント
僕の中に突如「フラレガイガール」という少女が立ち上がり、物語が進んでいったのはもうだいぶ前のことになります。曲は完成し、歌詞も出来てしまったけど肝心の歌い手は僕ではない。それ以来、この不思議な少女は誰なんだろう、この歌を歌っているのはどんな人なんだろうと、まるで夢の中で素敵な映画を観たあとに「そう言えばあの主人公の少女は一体誰だったんだろう」と後から追いかけるような奇妙な時間がはじまりました。時間軸がバラバラになった物語の断片を紡ぐような感覚です。

そこからしばらくの間、この歌を歌ってくれる、この歌の「持ち主」を探しました。そして、ふとあるCDを思い出し聴き直したのです。たまたま隣のレコーディングスタジオにいたさユり氏から頂いたCDでした。

「やっと見つけた、この人だ」

彼女がこの歌の言葉を追って歌った時、ぼんやりと輪郭だけ見えていた「フラレガイガール」が100%そこに現れました。この歌は彼女の声で歌われるべき歌でした。心から感謝しています。

不器用でいながら、とても振れ幅のある彼女の歌。これから先も彼女の色んな歌を楽しみにしています。

関連リンク

さユり 公式サイトhttp://sayuri-web.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP