ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

謎多き検査項目“赤沈” 異常数値が意味することを知っておこう

  • ガジェット通信を≫

謎多き検査項目“赤沈” 異常数値が意味することを知っておこう
何らかのきっかけで血液検査を受けた際、赤沈または血沈、ESRという名称で記載されていることも多い、この検査項目。 実際には何を調べていて、どういった意義があるのか皆さんはご存知でしょうか? 是非、今回をきっかけに知識を身に着けておきましょう。

要チェック項目

□赤沈は採取した血液中の赤血球を調べる検査である □疾患の特定よりも、おおまかに病変を確認するために用いられる □疾患の発見以外にも治療効果測定などを目的に実施されている

赤沈 赤血球沈降速度検査の仕組み

赤沈または血沈という検査は正式には赤血球沈降速度という名称であり、文字通り検査を受けた人間の血液中に含まれる赤血球がどれくらいの速さで沈んでいくかを調べるものです。 採取した血液を試験管内で抗凝固薬と混ぜて固まらないようにしておき、垂直にして1時間後の血中内容物の分離を見ます。 丁度、検体は上澄み部分と赤血球層に分かれているため、どれだけ赤血球層が下がったかを調べることで赤血球が1時間で沈んだ長さが分かります。 赤沈の基準はこの長さで決められており、男性では2mmから10mm、女性では3mmから15mmとなっています。 ただし、個人差や女性では月経などの影響もありますので、実際の臨床では上限値を20mmとして判断する場合も多くなっています。

赤沈 検査としての位置付け

赤沈の検査は手軽に行えるために、体調不良などで血液検査をする場合には「とりあえず調べてみる」検査の一つです。 赤沈は体内の炎症を反映して異常高値を示すため、多くの医師は患者の体内に慢性の炎症または急性の炎症で発症から少し時間が経過した病態が無いか確かめる目的で検査結果を利用します。 ただし、赤沈は特定の部位の炎症によってのみ数値が高くなるといった特異性を持たないため、これだけで体内のどの部位に炎症が起こっているのかは分かりません。 そのため、赤沈によって炎症を確認した医師は並行して実施した検査や追加の検査の結果を踏まえて、異常のある個所を確定させます。 また、赤沈をこの目的で利用する医師は少ないですが、赤沈の異常低値を確かめることで赤血球が病的に増多するような疾患の存在を捉えられる場合があります。

赤沈 異常高値の場合に疑われる疾患

赤沈には特異性が無いため、仮に検査結果に異常があっても赤沈だけで原因を特定することはできません。 しかし、異常高値の場合には数値の程度によって原因疾患の当たりを付けることはできると言われています。 赤沈が高い場合に考えられる疾患の例として以下のようなものがあります。 ・感染症… 髄膜炎、肺炎、腎盂腎炎、敗血症など ・悪性腫瘍 …さまざまな癌に起こります ・心疾患…心筋梗塞、心筋炎、感染性心内膜炎など ・消化器…胆石、膵炎、肝炎、虫垂炎など ・膠原病…関節リュウマチなど

赤沈 異常低値の場合に疑われる疾患

赤沈の検査は本来であれば異常高値が無いかを見て、体内の炎症の有無を確かめるために利用しますが、疾患によって異常低値を示す場合もあります。 その代表的なものが真性多血症です。 真性多血症は病的に赤血球などの量が増加する疾患で、血液の粘度が高まることによる血栓形成などを問題としますが、赤沈の仕組みからして血液の粘度が高まると当然に赤沈の検査値は低くなります。 他にも、播種性血管内凝固症候群という様々な基礎疾患に由来する血液の凝固異常を招く病態など、血栓形成性、つまり血液の粘度が高まる病態で赤沈の検査値は当然に低くなります。

赤沈の検査 治療における利用

赤沈の検査は簡便であるにも関わらず、種々の炎症の状態をよく反映するため、治療の場でも利用されています。 まず第一に、既に炎症性の疾患を有している患者に対して赤沈を調べることで治療の効果を測定することができるという例が挙げられます。 特に関節リウマチにおいては病態の確認に最適とされ、古くから赤沈の検査が行われ、現在でも必須の検査項目とされています。

赤沈はとても便利な検査 炎症の把握に利点

赤沈は簡単に実施できるにも関わらず、体内の炎症を一度に把握できるという便利な検査です。 また、治療効果の判定などにおいても役に立つため、その価値は大きいと言えます。 ただし、赤沈には特異性が無く、身体のどこに異常が起きているかは分かりません。 赤沈に異常が見られた場合には、医師とよく相談して追加の検査などを実施することが大切です。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

出番を失いつつあるアルドラーゼ検査 有効活用が出来る唯一の疾患とは?
血清学検査から分かる抗体の働き 知っておくべき血清数値の基礎知識
脾臓が増大する恐ろしい脾腫 早期発見するための検査のポイント

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。