ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】ジャレッド・レトーのクライム・スリラー映画『The Outsider(原題)』、Netflixが興味を示す

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ジャレッド・レトー主演のアクション・クライム映画『The Outsider(原題)』の世界配給権の獲得に向け、Netflixが交渉中だ。本紙ヴァラエティが掴んだ。

契約はまだ成立していないが、もし成立すれば、ストリーム配信の大手である同社が映画業界に積極的に進出するという、もう一つの印象的な事件となる。Netflixはすでに映画『ビースト・オブ・ノー・ネーション』やエヴァ・デュヴァネイ監督によるドキュメンタリー映画『13th(原題)』といった評価の高い作品で注目を集めている。

『The Outsider(原題)』は、第二次世界大戦後の日本に住み、極道の世界に足を踏み入れた米国陸軍の脱走兵を追ったものだ。2013年公開の映画『ダラス・バイヤーズクラブ』で第86回アカデミー助演男優賞を獲得したレトーへの注目は高いが、ほかにもロリー・コクレイン(映画『ブラック・スキャンダル』)や浅野忠信(映画『マイティ・ソー』)も出演する。
監督はマルティン・サンフィリートが務める。同監督の前作映画『ヒトラーの忘れもの』は、2015年のトロント国際映画祭のワールド・プレミアで上映され、米ソニー・ピクチャーズ・クラシックが配給権を獲得した。第89回アカデミー外国語映画賞にはデンマークから出品されている。

脚本はアンドリュー・ボールドウィン(映画『The Take(原題)』)が執筆し、撮影は東京で行われる。

レトーは2015年夏に映画『スーサイド・スクワッド』に出演した。次回作としては、映画『ブレードランナー 2049』にハリソン・フォードやライアン・ゴズリングらとともに出演する。

ブルームは『The Outsider(原題)』のセールスとプロジェクトをまとめている。セールスはAFM外で行われた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。