ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンチエイジング、疲労、ダイエットに毎日摂りたい黒酢の効果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お酢や黒酢が体に良いことは何となくわかっているけれど、実際何に効果があるんだろう? お料理で摂り入れるならいいけど、飲むのはちょっと……。そんな方のために黒酢の凄い効果と取り入れかたをご紹介します。

黒酢には酢+αの嬉しい効果がある

一般的なお酢はお米を発酵、熟成させたものです。お酢にはクエン酸が豊富に含まれており、疲労時に溜まる乳酸の代謝を促してくれる疲労回復効果、アミノ酸による脂肪燃焼効果、糖の吸収を穏やかにする効果、血管を拡張し冷え性を改善、血液をサラサラにする効果などがあります。これに対し黒酢は玄米や大麦を発酵させ、米酢より長期間熟成したもの。原料がもち米の香酢、ブドウで造られたバルサミコ酢も黒酢の仲間です。黒酢には米酢の効果に加えてアンチエイジング効果や美肌効果、むくみの解消、便秘改善、免疫力アップの嬉しい効果が期待できるんです。

肌をウルツヤにするD-アミノ酸

黒酢は長期間熟成させるぶんアミノ酸が豊富ですが、最近新たに発見された成分に「D-アミノ酸」があります。アミノ酸は髪や体を作るタンパク質のもととなる成分で、D-アミノ酸とL-アミノ酸があります。今までは体内にはL-アミノ酸しかないと考えられていましたが、実はD-アミノ酸も存在していていることがわかりました。D-アミノ酸に含まれるD-アスパラギン酸には、皮膚のコラーゲン生成を促進、角質層の水分保持、肌の酸化防止、幸せホルモンであるメラトニンの生成など、肌をウルツヤにする効果があって、化粧品会社や各研究所の実験でも黒酢を摂取することで肌や唇がつやつやになったという結果が出ているんです。

冷え性改善、疲労回復にも効果

黒酢の原料となる玄米は栄養価が高いことで知られていますが、この玄米を熟成させた黒酢には栄養がたっぷり凝縮されています。体内では合成されない必須アミノ酸も8種類含まれていて、身体のエネルギー源になり、筋肉を作るBCAAはクエン酸との相乗効果で疲労回復にも効果があります。黒酢には赤血球をやわらかくする働きもあるため、末端まで血液が届き冷え性改善の効果も。

黒酢は米酢と比べると酸味が少なく旨みが濃いので、お料理に取り入れるのが一番使いやすいです。毎日摂取するには、飲みやすくなったドリンクタイプやブドウ・ブルーベリーなどを加えた黒酢、サプリなどがおすすめ。本物の黒酢は手間ひまかけて作っているため価格も高めです。原材料に「米酢・カラメル」とあるものは米酢を着色した黒酢もどきの可能性があるため気を付けましょう。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP