ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性に重要なエストラジオール 検査値異常の場合に知っておきたいこと

  • ガジェット通信を≫

女性に重要なエストラジオール 検査値異常の場合に知っておきたいこと
血液検査項目の一つである、「エストラジオール」 特に女性にとっては非常に重要な項目で、この数値に異常が見られる場合は生殖機能に関するトラブルが考えられます。 今回は、エストラジオールが異常値だった場合に考えられる要因や、その対処法などを中心に詳しく解説していきます。

要チェック項目

□エストラジオールは女性ホルモンの一種 □エストラジオールが低い場合は閉経や先天的な異常が考えられる □エストラジオールが高い場合は妊娠の可能性が考えられる

エストラジオールとは何か?

エストラジオールとは生殖器官から分泌されるホルモンの一種で、特に女性の場合はこれによって女性らしい体つきが促されていると言われています。 そのため、閉経によりエストラジオールの分泌は減少していくのが一般的です。女性のエストラジオールの基準値は以下の通りです。

エストラジオールの基準値

・卵胞期前期:25~85pg/ml ・卵胞期後期:25~350pg/ml ・排卵期:50~550pg/ml ・黄体期:0~300pg/ml ・閉経後:21pg/ml以下 また、エストラジオールは主にコレステロールから体内で生成されることから、女性は男性に比べて総コレステロール値が低い傾向にあります。 動脈硬化や心筋梗塞といった疾病のリスクも男性に比べると低いのはこのような理由があるためです。 しかし、閉経によりエストラジオールが生成されなくなるとコレステロールは体内に蓄積しやすくなるため、女性であっても加齢によってこのような疾病リスクが高くなります。

エストラジオールが基準値よりも低い場合に考えられる要因

エストラジオールが低い場合に考えられる要因は大きく2つあります。

考えられる要因

・加齢による閉経 ・先天的な異常 主に生殖機能の低下に比例してエストラジオールの数値も低下してきます。これによって引き起こされる疾病や疾患は以下の通りです。

疾病・疾患

・閉経後の更年期障害 ・卵巣機能低下症 ・無月経 特に「閉経後の更年期障害」や「卵巣機能低下症」の症状が重い場合、エストラジオールの元となるホルモンを投与する治療を行うことによって改善が期待できます。

エストラジオールが基準値よりも高い場合に考えられる要因

まず、もっとも考えられる要因として「妊娠」があります。妊娠中には胎盤からホルモンが急激に分泌されるため、それに伴いエストラジオールの数値も高い値を示します。 しかし、閉経後であったり、妊娠していないにも関わらずエストラジオールの検査値が高い場合は、以下の疾病や疾患が考えられます。

疾病・疾患

・副腎皮質過形成症候群 ・肝硬変 ・エストロゲン産生腫瘍 ・卵巣機能障害 エストロゲン産生腫瘍や副腎皮質過形成症候群は、幼少期に発症することのある疾患で、場合によっては手術による治療も必要となります。

男性でエストラジオールが異常値の場合にもたらす影響

男性の場合はエストラジオールがどのような影響を与えるのか見ていきましょう。まず、男性のエストラジオール基準値は以下の通りです。

エストラジオールの基準値

0.2~1.4pg/ml エストラジオールの検査値が基準値よりも低い場合、男性に与える影響はほとんどありません。そのため、検査結果が低い値だったとしても異常と認められることはありません。 しかし、検査値が高かった場合は肝硬変の可能性があります。肝硬変の治療法は病状の進行度によって変わってくるため、できるだけ早めに医療機関での受信が必要です。

エストラジオールを正常値に保つ方法

エストラジオールはホルモンの一種であることからもわかる通り、ホルモンバランスを維持することが非常に重要です。いくつかポイントを挙げてみましょう。

ポイント

・ストレスを溜めない ・バランスのとれた食生活 ・適度な運動 もっとも基本的なことではありますが、非常に重要なポイントでもあります。 これから結婚や妊娠を控えた女性にとって、仕事と私生活のバランスは難しくストレスの大きな要因になりがちですが、これらのポイントを頭の片隅に置いて少し意識してみるだけでも徐々に効果が出てくることでしょう。

女性にとって重要なエストラジオール

女性にとって出産とは、間違いなく一生のうちでもっとも重要なライフイベントです。 元気な子供を産むためにも、女性ホルモンは非常に重要な役割を果たします。 エストラジオールは女性ホルモンに大きく関係するものであると同時に、肝硬変などの重要な疾患を示す値でもあります。 基本的な生活習慣が大きく影響するものであるからこそ、普段からの食生活や運動、ストレス解消などを上手に取り入れて、健康に努めていきましょう。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

検査数値ALT(GPT)が示すのは肝臓障害 沈黙の臓器は早期解決が肝!
肝硬変の検査内容とは?お酒好きな人は知っておきたい肝臓のこと
肝臓にブラック勤務を強いていませんか?あなたの「肝臓のお疲れ度」をチェック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。