ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉澤嘉代子ワンマンツアー完走、来春に3rdアルバム発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

吉澤嘉代子が、東名阪を巡るワンマンツアー「吉澤嘉代子とうつくしい人たちツアー」の東京追加公演を、11月18日、恵比寿ガーデンホールにて行なった。

今回のツアーは、吉澤嘉代子初となるコラボミニアルバム「吉澤嘉代子とうつくしい人たち」(8月3日発売)のリリースを記念し開催され、ミニアルバム収録曲全曲を含む全16曲が披露された。

10月に行われた東京公演のチケットSOLD OUTを受けて開催された本公演。会場は吉澤の登場を待ち望むファンで溢れ返っていた。

今回のツアーは“OLの一人カラオケ”というテーマで構成されており、ライブはカラオケルームをイメージした舞台セットの中で進行されていった。カラオケの定番曲、モーニング娘。「LOVEマシーン」のBGMと共にノリノリで登場すると、観客から拍手が巻き起こった。そのまま「綺麗」「ユキカ」「恥ずかしい」の3曲を歌い、ライブがスタート。

「あー、次は何歌おうかなー。あ、吉澤嘉代子メドレーっていうのがある。吉澤嘉代子って、あの魔女修行とかしてる変わった子だよね?歌ってみよう!」というユニークなナレーションの後、「ガリ」「ブルーベリーシガレット」「ケケケ」「チョベリグ」の4曲をメドレーで立て続けに披露。曲中、ガリを投げたり、振り付けをしたり、客席を練り歩いてコールアンドレスポンスをしたりと、会場は楽しい雰囲気に包まれた。

今回のミニアルバムにも収録されている「ねえ中学生 feat.私立恵比寿中学」「アボカド feat.伊澤一葉」「ゆりかご feat.岡崎体育」を歌ったところで店員に扮したザ・プーチンズの街角マチオと街角マチコが登場。コラボ曲である「じゃじゃじゃ feat.ザ・プーチンズ」を熱唱。吉澤嘉代子の歌を、街角マチコがテルミンと、街角マチオのダンスが盛り上げ、会場のテンションは最高潮に。熱気をそのままにザ・プーチンズの代表曲「ナニコレ」をデュエットで歌い上げた。

吉澤、ザ・プーチンズが舞台袖にはけると、カラオケDAMで定番の” DAM CHANNEL TV”のライブ版特別バージョンが放映。吉澤本人が、楽曲「アボカド」に引っ掛けた“安保角子”や、ミニアルバム「うつくしい人たち」をもじった“ウッツクシーン・ヒット”というキャラクターを演じて登場。会場は笑いに包まれた。衣装チェンジをして戻ってくると、未発表曲「残ってる」を丁寧に歌い上げ会場の空気を一変させた。その後、「ちょっとちょうだい」「シーラカンス通り」などアップテンポなナンバーを立て続けに披露。その後、ライブの定番曲「泣き虫ジュゴン」、サンボマスターとのコラボ曲「ものがたりは今日はじまるの feat.サンボマスター」を歌い上げ本編を締め括った。

アンコールで「東京絶景 feat.曽我部恵一」「がらんどう」をしっとりと歌い上げ舞台から降りると、会場は吉澤を求めて再びアンコールが巻き起こる。

ダブルアンコールに呼ばれて戻ってくると、突如吉澤から「私、吉澤嘉代子は、来年の春に3枚目のアルバムを出します!」との発表が。突然の吉報にファンからは歓喜の声が巻き起こった。そして、「このアルバムには私の本当に大好きな曲たちを詰め込みました。その中から一曲聽いて下さい。」とのアナウンスの後、新曲「一角獣」を弾き語りで初披露。次作を楽しみに待つファンの声に包まれたまま、ツアーの最終日は幕を下ろした。

撮影:田中一人

セットリスト
1. 綺麗
2. ユキカ
3. 恥ずかしい
4. 吉澤嘉代子メドレー 〜ガリ-ブルーベリーシガレット-ケケケ-チョベリグ〜
5. ねえ中学生 feat.私立恵比寿中学
6. アボカド feat.伊澤一葉
7. ゆりかご feat.岡崎体育
8. じゃじゃじゃ feat.ザ・プーチンズ
9. ナニコレ(※ザ・プーチンズ楽曲)
10. 残ってる
11. ちょっとちょうだい
12. シーラカンス通り
13. 泣き虫ジュゴン
14. ものがたりは今日はじまるの feat.サンボマスター
アンコール1. 東京絶景 feat.曽我部恵一
アンコール2. がらんどう
ダブルアンコール. 一角獣

関連リンク

吉澤嘉代子オフィシャルサイトhttp://yoshizawakayoko.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP