ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボードHOT BUZZ SONG】星野源が首位に返り咲き、三代目が3位に上昇

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボードHOT BUZZ SONG】星野源が首位に返り咲き、三代目が3位に上昇

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、ネットで話題の曲を読み解く“ホット・バズ・ソング”。

 今週は、星野源「恋」が再び1位を獲得した。ダウンロード数は、配信が開始して以来、5週連続で首位を独占中。動画再生回数は10月3日付けチャート以降、8週連続5位以内をキープしており、ピコ太郎の「PPAP」が公開されて以降首位の座を譲っているものの、5週連続で週間再生回数が増え続けており、820万回以上された。

 そして2位は、米Billboardチャートに返り咲いたピコ太郎「PPAP」が獲得。週間動画再生数は900万回ほど落としたもの約1,800万回をキープ。ダウンロードも20位といまだ好調だ。1分以内という非常に短い曲であるにも関わらず、シンプルな音楽とダンスによって想像力をかきたて、様々に真似をされ続け、瞬間風速的なヒットに留まらず、ロングヒットを続けている。

 3位は、三代目 J Soul Brothers「Welcome to TOKYO」。ダウンロード2位、Twitter3位、動画再生数4位と、デジタル領域でまんべんなく高ポイントを獲得した。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2016年11月21日付)
1位「恋」星野源
2位「ペンパイナッポーアッポーペン」ピコ太郎
3位「Welcome to TOKYO」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
4位「サヨナラの意味」乃木坂46
5位「前前前世」RADWIMPS
6位「BRIGHT」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
7位「RAGE OF DUST」SPYAIR
8位「TT」TWICE
9位「なんでもないや」SPYAIR
10位「想いよひとつになれ」渡辺曜(斉藤朱夏),津島善子(小林愛香),国木田花丸(高槻かな子),小原鞠莉(鈴木愛奈),黒澤ルビィ(降幡愛),高海千歌(伊波杏樹),松浦果南(諏訪ななか),黒澤ダイヤ(小宮有紗)

関連記事リンク(外部サイト)

【HOT BUZZ SONG】ピコ太郎が首位に返り咲き、動画再生数&ダウンロード数いずれも約2倍に
【HOT BUZZ SONG】星野源がピコ太郎を逆転、トップ3は動かず
【HOT BUZZ SONG】ピコ太郎/星野源/RADWIMPSが前週より動かず、ピコ太郎「PPAP」は三連覇

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。