ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮野真守演じるハリー・ポッター新主人公、日本語吹替映像が到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 宮野真守がエディ・レッドメイン扮する主人公ニュート・スキャマンダーを声で演じる「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の日本語吹替版映像が到着した。

 ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る本作。新主人公の優秀なのにおっちょこちょいで人見知りの魔法使いニュート・スキャマンダーは、ハリーの先輩で、動物といる方が気が楽な魔法(ビー)動物(スト)学者。そんなニュートを『博士と彼女のセオリー』で2015年アカデミー賞主演男優賞に輝き、翌年にも『リリーのすべて』で同賞に2年連続ノミネートを果たしたエディ・レッドメインが演じている。

 この度、公開された特別映像では宮野演じるニュートが初お披露目に。不思議なトランクから逃げ出した魔法動物を心配するセリフや、もふもふキュートな魔法動物の二フラーが、お腹の中にたっぷり大好きなキラキラを詰め込む姿を見つけ、飽きれながらも愛情たっぷりなシーンに胸キュン必至だ。新ヒロインのティナを演じたキャサリン・ウォーターストンが「ニュートが魔法動物と接しているのを見るのが大好きなの。ずっと観ていたいわ」と明かすようにニュートとたくさんの魔法動物のシーンが本編では描かれる。小さくてカワイイいたずらものから、大きくて獰猛な魔法動物までそれぞれの接し方で魅せるから、宮野の声の演技にも注目だ。本作は11月23日に全国ロードショー。

◎映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
https://youtu.be/abMJitYaT98

(C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

関連記事リンク(外部サイト)

エアロスミスが動物たちの夢を後押しする予告映像も到着、映画『SING/シング』2017年3月公開決定
SWシリーズ『ローグ・ワン』本予告が公開! ダース・ベイダーも登場で「これぞ、スター・ウォーズ!」
映画『ファンタビ』公開日舞台挨拶にエディ・レッドメインら登壇決定! チケット先行/一般販売の情報も公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。