ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】[Alexandros] 新作ALは前作よりもセールス増加、各地から支持集まる結果に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【深ヨミ】[Alexandros] 新作ALは前作よりもセールス増加、各地から支持集まる結果に

 11月21日付Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では、[Alexandros]の6thアルバム『EXIST!』が6万枚のセールスを記録して、[Champagne]時代も含めて[Alexandros]初の同チャート1位を獲得した。

 『EXIST!』は、約1年半ぶりにリリースされたアルバム作品で、ドラマタイアップ曲や映画主題歌、TVCMタイアップ曲など耳馴染みのある楽曲に加えて、新曲を含む14曲が収録されている。前作アルバム『ALXD』の初週売上げが3.8万枚だったので、2.2万枚セールスを伸ばした形だ。では、今作はどの地域でセールスを伸ばしたのか。SoundScan Japanのセールスデータから調査した結果、両作の初週売上げ地域別トップ10は下記のようになった。
『EXIST!』
1位:東京
2位:大阪
3位:愛知
4位:神奈川
5位:北海道
6位:埼玉
7位:千葉
8位:兵庫
9位:福岡
10位:茨城
『ALXD』
1位:東京
2位:大阪
3位:愛知
4位:神奈川
5位:埼玉
6位:兵庫
7位:千葉
8位:北海道
9位:福岡
10位:静岡
 トップ4までは両作とも変わらず、東京・大阪・愛知・神奈川となっている。もちろん、この4つの地域の売上げは伸びているが、そこまで大きくではない。特に大きな伸びを見せたのは、5位に入った北海道。前作の約2倍の枚数を売上げて、前作8位から順位を上げてトップ5に入ってきた。その他の埼玉・千葉・兵庫などでも、2倍とまではいかないが順調に販売枚数を伸ばしている。2.2万枚のセールス増は、特定の地域で販売が増えたというよりも各地で[Alexandros]のファンが増えた結果と言えるだろう。
※表示枚数は概数となります。

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】[Alexandros]が初の総合ALチャート首位、宇多田ヒカルは2位堅守
【ビルボード】[Alexandros]『EXIST!』が60,126枚売り上げ、アルバム・セールス1位
【先ヨミ】[Alexandros]新作ALが4万枚目前で現在首位 浜田省吾『J.BOY』の30周年記念盤が続く

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。