ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジ2017年カレンダーから「生野陽子アナ落選」の理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 民放各局が年末年始に向けて力を入れて売り出しているのが「アナカレ」こと女子アナカレンダーだ。人気女子アナたちが、テレビとは違った表情を見せるため、世の男性ファンの熱い支持を集めている。

「各局のグッズ販売でも一番の売れ筋グッズに成長しました。火付け役となったのは2009年にフジテレビが売り出した『アナ★バン!カレンダー』です。高校時代写真部だった中野美奈子が撮影したもので、1万部を超える大ヒットとなりました。以降、フジテレビに倣って他局も製作を始めました」(女子アナウオッチャー)

 今年、そんな「アナカレ」界の先駆者であるフジテレビに“異変”が起きていた。現在発売中の2017年カレンダーからショーパンこと生野陽子アナが姿を消したのだ。ショーパンといえば、カトパン(加藤綾子)と並ぶ“フジの2トップ”として知られる。突然の「局の顔」の“落選”に、局内ではさまざまな憶測を呼んだ。

「ショーパンは今夏のイベント『お台場みんなの夢大陸』でも山崎夕貴アナ(29)や三田友梨佳アナ(29)ら若手に混じり、フジテレビの顔としてPR大使を務めているし、決して人気が落ちたわけではない。それなのにカレンダーから消えたため、“来年はフリー転身か?”“産休に入るつもりなのか?”といった噂が飛び交った」(フジテレビ局員)

 そもそも「アナカレ」に掲載されるメンバーは、どのように選ばれているのだろうか。

「フジテレビでは人気重視の“選抜”です。特に年始めの1月は人気ナンバー1の女子アナを起用します。実際に2016年のカレンダーでは、今年4月に退社したカトパンが1月を務めています」(同前)

 今年、“局の顔”という栄誉に輝いたのは『みんなのニュース』でショーパンとともにキャスターを務める椿原慶子アナ(31)だ。

 ミタパンやヤマザキパンなどアイドルアナがあふれるフジで、アイドルアナの称号である「パン」もつかない椿原アナは少々地味な気もするが……。

「カトパンと同期の椿原アナは、これまで陰に隠れて目立たない存在でした。しかし、“報道畑”の彼女は数々の現場を踏んでおり、実力はピカ一。キャスターとしての安定感と的確なレポート力で上層部の評価も高いんです」(同前)

 椿原アナ抜擢の理由をフジテレビ幹部が解説する。

「カレンダーの主な購買層はサラリーマン。製作にあたっては、その購買層を強く意識している。そのためサラリーマンが頻繁に見る報道・情報系の番組の女子アナが重要視される」

 椿原アナの“出世”に対して、ショーパンのカレンダー落選。

「局内では椿原アナは“ショーパン超え”を果たしたなんて声も囁かれています」(前出・フジ局員)

 だが取材を進めていくと、ショーパンの落選には意外な理由があった。

「ショーパンはリオ五輪取材のため、夏休みを例年とズラした。その夏休みとカレンダーの撮影時期が被ったため、カレンダーから外れたようです。ショーパンがまさかの選外となり、同期の大島由香里アナ(32)もメンバーから外れた。フジでは同期入社の場合、1人が入って1人が外れるということはまずありません」(同前)

※週刊ポスト2016年12月2日号

【関連記事】
生野陽子 同期の彼氏・中村はカトパンからの略奪愛と関係者
祝フリー転身!グラフィティで振り返る加藤綾子アナ【後編】
フジ中村光宏アナ母「生野さんがお嫁にきてくれたら嬉しい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP