体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ママ、お家のことは任せて!」父娘のお留守番が、とっても楽しそう

「ママ、お家のことは任せて!」父娘のお留守番が、とっても楽しそう

ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。

とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈夫だよ!」というコメントと一緒に、写真を撮って家の様子を伝えることにしました。

でも、その写真が全然大丈夫じゃないのは、ご覧の通り。パパと娘だけで留守番させたら、家の中がカオスになっちゃう?

「ママ、心配しないでね!」

「ママ、お家のことは任せて!」父娘のお留守番が、とっても楽しそう パパのことはちゃんとお風呂に入れてあげてるから、大丈夫。「ママ、お家のことは任せて!」父娘のお留守番が、とっても楽しそう アイロンかけも、やっておくから、大丈夫。「ママ、お家のことは任せて!」父娘のお留守番が、とっても楽しそう お皿洗いだってやっておくわ。「ママ、お家のことは任せて!」父娘のお留守番が、とっても楽しそう パパはヘッドホンをしてて見てないから、大丈夫!「ママ、お家のことは任せて!」父娘のお留守番が、とっても楽しそう パパにベッドを取られちゃったけど、大丈夫。「ママ、お家のことは任せて!」父娘のお留守番が、とっても楽しそう 2人で仲良くゲームしてるから、大丈夫。「ママ、お家のことは任せて!」父娘のお留守番が、とっても楽しそう ご飯はインスタントで済ませてるから、大丈夫。「ママ、お家のことは任せて!」父娘のお留守番が、とっても楽しそう パパの体にも書いちゃう。「ママ、心配しなくても、全部大丈夫だよ」。「ママ、お家のことは任せて!」父娘のお留守番が、とっても楽しそう ご飯を頭に乗せちゃったけど、パパは寝てて見てないから、大丈夫。「ママ、お家のことは任せて!」父娘のお留守番が、とっても楽しそう
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。