ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

塩分摂取がなぜ高血圧の最大の要因とされるようになったか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「塩分摂取量と高血圧の間に明確な因果関係はない」「日本人の平均摂取量である10~12グラムなら問題ない」──これらの事実をデータとともに提示した本誌・週刊ポスト前号の特集には、読者から驚きの声が多数寄せられた。高血圧を患う70歳男性の話。

「『東北地方の人は漬け物などで塩分を過剰に摂取しているから血圧が高い』という、よく耳にする話を何十年も信じていました。が、その理論が30年も前に否定されていたなんて知りませんでした……」

 これまで厚労省が『日本人の食事摂取基準』(2015)で掲げる基準値(1日あたりの塩分摂取量が男性8グラム、女性7グラム)を律儀に守ってきた人たちは動揺を隠せない。

「初めて健康診断で高血圧気味だといわれてから、10年以上も妻が作る味気ない減塩食に耐えてきました。今までの努力はなんだったのか。たしかに減塩してもなかなか血圧は下がらなかった。かといって、塩分が原因じゃないとすればどうやって血圧を下げればいいのか」(66歳男性)

 そこで、今号は前号ではお伝えしきれなかった「塩分と血圧に関する新常識」を紹介する。

 改めて説明すると、高血圧とは血圧が持続的に上昇した状態を指す。収縮期(上)が140mmHg以上、拡張期(下)が90mmHg以上ならば高血圧と診断され、放置すれば動脈硬化を引き起こす。脳卒中、心臓病など死に至る病につながる可能性もある。

 塩分が体内に取り込まれると、血中の塩分濃度を薄めようと血液内に水分を取り込むために、血液の量が増えて血圧が上がる。そのため塩分が短期間血圧を上昇させることは間違いない。しかし、健康であれば摂取した塩分は尿や汗として排出されるため、血圧の上昇は一時的なもので収まる。

 問題は、高血圧が長く続く“病気としての高血圧”である。結論からいえば現代医学において高血圧の原因を特定するのは難しい。血圧が下がらない人の9割は本態性(原因がわからない)ともいわれている。それなのになぜ、「塩分摂取が高血圧の最大の原因」といわれるようになったのか。

 その発端は1954年。米国のルイス・ダール博士が、日本の青森を含む世界5地域で調査したところ、塩分摂取量の多い青森の高血圧発症率が高かったことから「塩分過剰が高血圧に繋がる」と唱えた。それが「東北地方の人が高血圧になりやすいのは塩辛いものを食べているからだ」という“定説”のきっかけとなった。白澤抗加齢医学研究所所長の白澤卓二氏がいう。

「ダール博士の考え方は画期的だったので、またたく間に世界中に広まり、詳細な検証がなされました。そしてダール博士の発表から18年後の1972年、米国のジョージ・メーネリー博士がラットに対して行なった実験をもとに、『毎日20~30グラム(人間でいえば厚労省の推奨値の約63倍にもなる500グラム相当)の食塩を摂取させたところ、10匹中4匹が高血圧になった』という論文を提出しました。これにより、『高血圧の犯人は塩分の過剰摂取』が世界中で信じられるようになったのです」

※週刊ポスト2016年12月2日号

【関連記事】
血圧は病院で測った数値より家で測った数値を重視
塩分摂取量少ない人は脳卒中や心筋梗塞になりやすいとの調査
仮面高血圧のリスクを見分ける血圧測定の5か条

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP