ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「最速で劇場公開映画の評判がわかる」映画初日の満足度ランキングを『Filmarks(フィルマークス)』が公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


株式会社つみきが運営する国内最大級の映画レビューサービス『Filmarks(フィルマークス)』は、サービス内のデータに基づいた2016年11月第2週上映スタート映画の初日満足度ランキングを発表しました。

『Filmarks』では2016年11月第2週に上映が開始された映画を対象に、2016年11月14日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)と“Mark”数(ユーザーが観た映画としてレビューを登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に“映画初日満足度ランキング”として算出しました。

映画初日満足度ランキング(11月第2週上映スタート作品)

1位 この世界の片隅に ★4.5 740
2位 弁護人      ★4.1 57
3位 裏切りの街    ★3.8 44
4位 ミュージアム   ★3.7 1218
5位 オケ老人!    ★3.6 119
6位 華麗なるリベンジ ★3.6 56
7位 ジャック・リーチャー NEVER GO BACK ★3.5 858
8位 誰のせいでもない ★3.3 62

※順位 作品タイトル スコア★ “Mark”数
※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2016年11月14日時点のものです。

Filmarks(フィルマークス)とは?


映画レビュー数2,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに“映画の鑑賞記録”や“観たい映画のメモ・備忘録” “映画トークを楽しむコミュニケーションツール”として、多くの映画ファンが利用しています。『Filmarks』は今後も、ユーザーが投稿するレビューや★スコア、Clip数(ユーザーが観たい映画として登録している数)などを“感情データ”として活用し、映画データマーケティングを推進していくとのことです。

Filmarks(フィルマークス)公式URL:(リンク)https://filmarks.com

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: すこやか山田) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。