ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この日は避けたい…生理日をずらせる方法がある?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この日は避けたい…生理日をずらせる方法がある?!<br />

旅行に行く計画をしているのだけれど、この期間は生理と重なりそう…毎月繰り返しやってくる生理ですが、できればこの時は避けたい!ということはありませんか。旅行や試験など、大事なイベント時に生理で辛くならにように、生理日をコントロールすることが可能なんです。

生理周期の数え方は?

生理は大体毎月やってくるもの、と女性なら経験的に知っていることでしょう。生理が一定の日数ごとに起こるリズムを生理周期といいます。生理周期には数え方があり、生理が始まった1日目から、次に生理が起こる前日までの日数を数えます。生理周期は30日周期と決まっているわけではなく、正常な生理周期とは25日〜38日周期をいいます。生理周期が24日以内、または39日以上である場合は生理不順といいます。しかし人間の体とはデリケートなもの、体調を崩したりストレスなどで周期が狂うことがあります。生理周期が1回ぐらい狂っても心配はいりませんが、長く続く場合は婦人科を受診することをおすすめします。

生理日をコントロールするには?

ここぞという大事なときに生理があると厄介な時もありますよね。そんなときは、ピルを内服することで次の生理を早める、または遅らせることができます。

生理を早める場合

生理を予定日よりも早めたい場合は、その前の月の生理が始まってから5日以内に中容量ピルまたは低用量ピルを服用し始めます。中容量ピルなら約10日、低用量ピルなら約14日飲み続けることにより、次回の生理を1週間から10日ほど早めることができます。

生理を遅らせる場合

中容量ピルを使用する場合は、生理が開始される5〜7日前からピルを飲み始め、生理を避けたい期間の最終日まで飲み続けます。低用量ピルを使用する場合は、生理が開始される25日ほど前から飲み始め、生理を避けたい日まで飲み続けます。低用量ピルだと服用期間が長くなるので、初めて服用する方は中容量ピルのほうが良いそうです。ピルの服用を止めると、2〜4日後に生理が起こります。

上手にピルを活用して楽に過ごそう!

ピルには女性ホルモンが含まれており、中容量ピルは低用量ピルの約2倍の量の女性ホルモンを含んでいます。ピルを内服すると頭痛や吐き気などの副作用がでることもあり、特に中容量ピルにその傾向が強いそうです。生理を遅らせる場合は、旅行中や試験期間にもピルを服用し続けなければならないので、副作用で辛くなることもあるそうです。

生理を避けることができれば旅行などが快適に感じられる反面、ピルを飲んだことがない方の場合は不安も多いと思います。ぜひお医者さんに相談して、上手にピルを活用してみてくださいね。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP