ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アマチュアからプロの写真家まで】写真編集ソフトLightroom愛用者必見のコンソール、直感的操作で圧倒的に作業効率アップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

写真は撮影する瞬間も大事だが、その後の加工処理も非常に大切な工程である。

・Adobe Lightroomを、より直感的に操作できる

写真向け画像編集ソフトとして有名なAdobe Lightroomだが、もっと扱いやすくスピーディな編集を可能にする、専用のコンソールツール「Loupedeck」が便利そうだ。

マウスとキーボードを交互に使うよりも、より直感的に操作ができ、Apple、PC問わず対応できるという。

・まるでDJミキサーのようなコンソール本体

コンソール本体は、幅400×156ミリメートル、重さ約1000グラム。一見すると、キーボードとかDJが使うミキサーのような形状をしている。

表面はマットブラック加工のプラスチック、台の脚はソフトラバー製。USBケーブル、大ダイヤル、小ダイヤル、小さめのスクロールキー&ダイヤルがついている。

このたくさんのボタンやダイヤルがすべて、画像編集の特定の機能に対応していて、さまざまに調整ができる。

例えば、“やり直し/元に戻す”“コピー”“ペースト”“画像にフラグ”“ズームイン/アウト”“コントラスト”“ハイライト”“透明度”“露出”“ホワイトバランス”“色調”“彩度”“輝度”“ぼかし”“画像の回転/切り取りの作動”“カラー/白黒モードの切り替え”“ビフォアアフターの比較”などなど、特定の機能を選び、とても細かい設定を施せるのが大きな特徴だ。

・アマチュアからプロまで使える本格仕様

キーボードでいちいちその機能を呼び出して、マウスでクリックして調整、という工程よりも、はるかに直感的な操作&微調整が可能で、作業自体の圧倒的なスピードアップ化が図れる。

また、プロの写真家からアマチュア、初心者まで、幅広い人が使える点もうれしい。

・目標金額の3倍達成

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集しており、目標金額7万5000ユーロに対し、22万ユーロ以上を集めている。229ユーロ(約2万6500円)+配送料金で、出荷は2017年6月の予定。

Loupedeck

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP