ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホワイトハウス、教育でのVRの活用を奨励

DATE:
  • ガジェット通信を≫

VRの導入は教育の改革になり得るでしょうか。ホワイトハウスは“VR教育プログラム”を実現するための資金を得る6つの方法を提案しています。

ホワイトハウスが奨励、”VR教育プログラム”

“教育”は、VRを取り入れるユースケースの一つとして注目されてきました。没入感のあるVRは、次世代の学生の教育方法に、革命を起こす可能性を持っています。しかし現実問題、何百万という学生にVR教育を広く浸透させることは大きな挑戦であり、課題です。

ホワイトハウスは教育の場におけるVRの有用性を認めており、VR教育プログラムを教育の革新として奨励しています。

VR教育プロジェクトの資金を調達できる6つの機会

11月上旬には、米サンフランシスコにて「VRDC 2016」が開催されました。ホワイトハウスの科学技術政策アドバイザーであるエリック・マーティン氏は、同カンファレンスにて、VR教育プロジェクトの資金を調達するための6つの機会を提案しました。マーティン氏はプレゼンテーションの中で、ゲームでスキルを教えるVR教育ツールの作成が必要だと述べています。

そしてVRを活用した教育コンテンツの開発に活用できる補助金など6つの公的な制度を紹介しました。

1. Institute of Education Sciences – Small Business Innovation Research

目的:商業的に実現可能な教育製品の研究開発を行う中小企業およびパートナーに対し、総額105万ドル(約1.1億円)を提供。

2. Institute of Education Sciences – Grants

目的:すべての学生、特に人種、民族、限られた英語力、身体障害、および家族の状況に関連し不適切な教育サービスを受けてきた学生達に貢献する研究を支援する。

3. National Institutes of Health – Serious STEM Games for Pre-college and Informal Science Education Audiences

目的:12才以下の学生およびその教師向けの、STEM(科学、テクノロジー、エンジニアリング、ラーニング、ティーチング、数学)分野、その中でも健康、医学、生物学に焦点を置いたゲームの開発。

4. National Science Foundation – Discovery Research PreK-12

目的:12才以下の学生およびその教師向けの、STEM(科学、テクノロジー、エンジニアリング、ラーニング、ティーチング、数学)境域の革新、アプローチおよび研究開発。

5.National Endowment for the Arts – Media Arts

目的:芸術、アートなどのメディアアートを実証する革新的なプロジェクトの開発、生産、流通をサポートする。全米芸術基金によって定義されるように、メディアアートは、映画、テレビ、ラジオ、オーディオなどのトランスメディアストーリーテリングや、メディア関連の印刷書籍、カタログ、雑誌を含んでいる。

6. US Department of Education – EdSim Challenge

目的:米国教育省は、学術、技術、およびエンプロイアビリティスキルに関する没入型シミュレーションを求めている。成功したシミュレーションは、21世紀の学生を準備するための教育コンテンツと商用ゲームにペアリングします。グランプリには48万ドル(約5,100万円)を贈呈。

(参考)
The White House Highlights 6 Funding Opportunities for VR Education Projects(英語)
http://www.roadtovr.com/white-house-highlights-6-funding-opportunities-for-vr-education-projects/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP