ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーストリア、ポルトガル、ポーランド、スロバキア。新規ワーホリ協定国の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在日本のワーキングホリデー協定国は16ヵ国。オーストラリア、ニュージーランドなどは古くからの協定国のためよく知られていますが、近年増加が目覚ましいのがヨーロッパ諸国。
2015年にポーランドとポルトガル、2016年にはスロバキアとオーストリアのあいだにも協定が結ばれました。

そこで、近年新たにワーキングホリデー協定国となったヨーロッパ4か国の魅力をご紹介しましょう。

ポーランド


ヨーロッパの中央部に位置し、地理的にも文化的にも、東西ヨーロッパの架け橋となってきたポーランド。ショパンやキュリー夫人をはじめ、数々の偉人を輩出してきた学問と芸術の国でもあります。

「平原」という意味をもつ国名の通り、見渡す限りの大平原や、バルト海の海岸、氷河時代からの湖水地帯など、手つかずの美しい自然が広がっています。


ポーランドの魅力は、自然だけにとどまりません。ポーランド各地に点在する、おとぎ話に出てくるような中世の街々は感動的な美しさ。負の世界遺産、アウシュビッツ強制収容所をはじめ、数々の歴史の舞台となった場所も残されており、歴史を学び、肌で感じたい人にもぴったりです。

1919年にポーランドが独立を果たした当時、シベリアで厳しい生活を余儀なくされていたポーランドの孤児たちを日本が助けたこともあって、日本に好感を抱いている人も少なくないポーランドは、穴場的な滞在先といえるかもしれません。

ヨーロッパのなかでは物価が安く、ワーキングホリデー中の滞在費を抑えられるのも嬉しいところ。先進国ヨーロッパとは違った素朴な表情を残すポーランドなら、美しい風景に触れながら穏やかな生活が体験できることでしょう。

ポルトガル


ユーラシア大陸最西端に位置するポルトガル。1543年にポルトガル人が日本に鉄砲を伝えて以来、「遥かなる隣人」とでも呼ぶべき、日本とのつながりの深い国です。

南北に長い国土をもつことから、地域によって異なるものの、温暖で太陽に恵まれた気候で知られています。現在日本とワーキングホリデー協定を結んでいるヨーロッパの国のなかでは、「もっとも天気のいい国」といえるでしょう。

異国の人や文化にも寛容で、親切でフレンドリーな人が多いポルトガル人。一方で、遠慮や謙遜といった、日本人に近い気質も持ちあわせているといわれています。のんびりとしたポルトガルの人々のペースに慣れてしまえば、独特のおおらかさが心地よくなってくるはず。


ポルトガルを語るうえで欠かせないのが、ポルトガルを象徴する「サウダーデ(Saudade)」という言葉。よく「哀愁の国ポルトガル」と表現されますが、「サウダーデ」には、哀愁だけでなく、郷愁や憧憬、希望など、ひとつの単語では表現しきれない多様で複雑なニュアンスが含まれます。それは、日本人が抱く「切なさ」や「懐かしさ」とどこか通じるものがあるのかもしれません。

ポルト歴史地区やリスボンのジェロニモス修道院、シントラの文化的景観をはじめ、世界遺産や魅力ある街々、美しい自然景観が各地に点在するポルトガルは旅情を掻き立てる風景に満ちています。そんなポルトガルならきっと、「去りがたい」と思えるほど心地いい場所と仲間を見つけることができるはずです。

流行の波はもうすぐそこまで!いまポルトガルに行くべき6つの理由」でもその魅力を紹介しましたが、今もっとも注目されている国のひとつともいえるでしょう。

■あわせて読みたい

今さら聞けないワーキングホリデーの基本。知っておきたいメリットと注意点
旅を仕事にしたい人必見!旅行しながら働ける8つの職業って?2
【経験者が語る】夢を現実に! 海外で働く3つの方法とは?

スロバキア


日本ではあまり知られていない中央ヨーロッパの小国スロバキア。日本の約7分の1ほどの国土面積のほとんどが山岳地帯からなる自然豊かな国で、周辺国のリゾート地として人気を誇っています。

自然のみならず、古城、伝統建築、中世の街並みなどが点在しており、意外なほどに見どころが豊富。中央ヨーロッパ最大級の城跡スピシュ城や、スロバキアの伝統的な木造家屋が保存されているヴルコリニェツ、カルアパティア山脈地域の木造教会群など、小国ながら7件もの世界遺産を有しているのです。


首都ブラチスラバは、高台にあるブラチスラバ城を中心にパステルカラーの街並みが広がる美しい街。チェコのプラハやオーストリアのウィーンほどの華やかさはありませんが、「落ち着いたのどかな雰囲気で居心地がいい」と、ツウのあいだでひそかに人気を集めています。

スロバキアは国土が小さいので、お隣のオーストリアのウィーンまでわずか60km。比較的物価の安いスロバキアを拠点にして、オーストリアをはじめとする周辺国に気軽に足を延ばすことができます。

「日本ではあまり知られていないヨーロッパの姿を見てみたい」、「ワーキングホリデー中、たくさんの国を旅してみたい」という方にぴったりかもしれません。

のどかで素朴な雰囲気が魅力、スロバキアの首都「ブラチスラバ」では現地ルポが読めますよ。

オーストリア


ハルシュタット

自然と芸術の国、オーストリア。アルプスの美しい自然や、世界遺産に登録されている美しい街並みなど、日本の4分の1ほどの小さな国土に、さまざまな魅力がぎゅっと詰まっています。写真は「世界の湖畔で最も美しい」町、オーストリア「ハルシュタット」で癒されるでもご紹介した湖畔です。

モーツァルトとベートーベンをはじめ、ヨハン・シュトラウスやシューベルト、ハイドンなど、世界的な音楽家が活躍した首都ウィーンは世界にその名を馳せる「音楽の都」。本場のクラシックやオペラにじっくり触れたい人、音楽を学びたい人にはこれ以上ないほど素晴らしい環境といえるでしょう。


たとえ音楽に興味がなくても、世界遺産にも登録されているウィーンの歴史的な街並みには誰もが魅了されます。世界屈指の治安の良さを誇り、世界で最も住みやすい都市のひとつであるウィーンは、暮らしやすさも折り紙つき。

憧れのヨーロッパを絵に描いたような壮麗な街並みを堪能しながら、歴史や文化、芸術、自然にも触れられるオーストリアはなんとも贅沢な滞在先。単なる物質的な豊かさとはまた違う、ヨーロッパが大切にしてきた心の豊かさを実感することができるはずです。


個性豊かな協定国が増え、ますます注目のワーキングホリデー。若者に与えられた特権を生かして、今しかできない経験をしてみませんか。「今さら聞けないワーキングホリデーの基本。知っておきたいメリットと注意点」も要チェック!

■あわせて読みたい

今さら聞けないワーキングホリデーの基本。知っておきたいメリットと注意点
旅を仕事にしたい人必見!旅行しながら働ける8つの職業って?
【経験者が語る】夢を現実に! 海外で働く3つの方法とは?

[All Photos by Shutterstock.com] 

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP