ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チープに巡るディープなスイス ~チューリッヒで迎える朝時間~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“物価が高くて旅行しにくい”。スイスにそんなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、それは半分誤り。あまりお金をかけずにディープにスイスを楽しむ方法は、たしかにあるのです! 今回はきっと一度は訪れるであろう、国際空港もある大都市チューリッヒ(Zurich)で過ごす、とっておきの朝時間をご紹介します。

・宿泊先でブランチをかねて食事
一日の始まりを迎えた朝は、エネルギーチャージはかかせません。★付きのホテルからユースホステルまで、スイスの宿泊代には朝食が含まれていることが大半。またその朝食はビュッフェスタイルが主流です。

スイスでもドイツ語圏にあるチューリッヒでは、黒パンや雑穀パンなどのハードパンをはじめ、ハムやサラミなどの加工肉、チーズやヨーグルトなどの乳製品、シリアル、フルーツポンチなどが定番の朝食メニュー。四つ星以上になると玉子料理やベーコンなどのホットミールが食べられるホテルが多くなります。

・ホテル以外で朝食を取るなら
また国際空港に近い立地もあり、早朝から交通機関周辺がにぎわうのもチューリッヒの朝の風景のひとつ。そのため鉄道やトラムなどの駅周辺にあるスーパーやデリカテッセンなどもそれにあわせて早くから開店しています。

晴天の日におすすめなのが、外でのんびり取る朝食。週に数回、街にある広場で開かれるマーケットで果物などを調達するのもいいですね。

・川沿いでのんびりパンをかじって
朝ごはんを用意したら、街の中央を流れるリマト川沿いへ向かいましょう。川沿いにはベンチも点在しているので、そこで食事を取るもよし。ちょっと足を延ばして、川の左岸(新市街)にあるリマトホフの丘へ向かうのもいいでしょう。右岸に広がる旧市街を一望できるこの丘は、最高に気持ちいいスポットです。日が昇るのとともに移り変わる美しい街並みに、食後もついぼおっと過ごしてしまうかも。

身も心も満たされた頃には、街なかのショップや美術館などもオープン。次回はチューリッヒでおすすめしたい、午後の過ごし方をご紹介します。

もっと詳しく読む: チープに巡るディープなスイス ~チューリッヒで迎える朝時間~(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/11/20/cheapswisstrip-zurich-am/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP