ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

白バイ隊員がこっそり教える交通違反の交渉テク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

交通違反は警官や白バイ隊員がノルマ達成ために取り締まることもしばしば。そんなセコイ違反で捕まらないように注意したいところです。そこで、知っておけば見逃れることもあるかもしれない、白バイ隊員がこっそり教える交通違反の交渉テクニックを紹介しましょう。

白バイ隊員が一時停止違反取り締まり

「一時停止違反」は、月末によくノルマ稼ぎで取り締まられます。「一時停止違反は大抵の場合、交番勤務の警官か、ノルマを達成するべく必死な白バイ隊員がヒマしながら1人で取り締まりをしていることが多い」のです。

このため、一時停止をした、していないといういい争いになったとしても、証拠がないので警察は立証できません。ただし、近くのコンビニなどの防犯カメラで実際に確認できてしまうこともあります。なお、バイクは片側の足を停止ラインのところへ出しておけば、ある程度見逃されることもあるそうです。

「歩行者等妨害」は、交差点で歩行者信号が赤になる前に右左折したクルマを取り締まること。白バイがよく取り締まる交通違反です。ただ、歩行を妨害されたという当事者が現れないと警察はそれを立証することができません。

白バイ隊員のスピード違反アドバイス

青キップを切られないようにするには「妨害されたという被害者が訴えを起こさないのはおかしい」と頑なに突っぱねるのが効果的と白バイ隊員は話します。ただし、警察官が2名以上いる場合は証人となってしまうので100%回避できるわけではありません。

「スピード違反」は下り坂での計測は正確性に欠けるので、取り締まった時にドライバー側が「坂落とし」という用語を出すと諦めてしまうこともあるとか。1980年代にはネズミ捕りの時に坂落としでジャンジャン捕まえていた白バイ隊員も多かったといいます。

坂落としは今は皆無ですが、あまりに理不尽だと思ったらこの用語を使ってみるとよいかもと白バイ隊員はアドバイスしてくれました。ただし、違反したと認識した時は素直に取り締まりに従いましょう。(文/ジャンクハンター吉田)

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP