ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若い女性に多い過呼吸症候群 紙袋をあてる応急処置は間違い!

  • ガジェット通信を≫

若い女性に多い過呼吸症候群 紙袋をあてる応急処置は間違い!
ストレスの多い現代社会。大人に限らず、現代では子供たちもさまざまなストレスを抱えているようです。 10代の女の子にも多いといわれる
過換気症候群という症状を耳にしたことがありますか? もしかしたら身近な人にもいるかもしれない過換気症候群という病気について紹介します。

要チェック項目

□過換気症候群は何らかのストレスが引き金になる。 □血液検査やレントゲン検査などから複合的に診断される。 □過換気症候群の発作は必ず落ち着く。正しい知識を得よう。

過換気症候群(過呼吸症候群)って?

過換気症候群は過呼吸症候群と呼ばれることもあります。何らかのストレスが引き金となり、呼吸が大きくなりすぎることによって「本当に死んでしまうかもしれない」と感じるほどの息苦しさを感じる症状です。 発症しやすい年齢や性別は、はっきりとした数値は出されていませんが、10代から20代の女性に比較的多いようです。性格的には几帳面で神経質な人や、心配症で考え込みやすい人と言われています。 実際は長くても30分から1時間ほどで自然と改善する症状ですが、この死を予感させる苦しさが、さらなる恐怖と不安感を誘発してしまうため、精神的な負荷を感じる場面で発作を繰り返すという悪循環に陥る可能性があります。

過換気症候群の症状とは?

過換気を言い換えると「呼吸のしすぎ」です。呼吸は大気中の酸素を体内に取り入れて、体内に蓄積した二酸化炭素を交換するものですが、 呼吸をしすぎることで体内の二酸化炭素が著しく減少し、血液がアルカリ性になります。 このことにより、息苦しさを主症状に、動悸、頻脈、手足の突っ張り、口腔周囲や手足のしびれ、めまいなどの症状が現れます。 重症な場合は、けいれんが起きたり、意識がなくなったりすることもあります。不安感、嘔気、嘔吐、発熱などがトリガー(誘因のきっかけ)となって発作が起こると考えられています。

過換気症候群の診断は?

過換気症候群と思われる場合は、まずは血液検査を行います。血液がアルカリ性に偏っている状態をいうアルカローシスが見られるほか、二酸化炭素分圧の低下、動脈血酸素分圧の上昇などがみられます。   また、レントゲン、心電図などの検査を行い、動悸や頻脈の状態や体内の二酸化炭素量の減少を確認することが必要です。 さらに過換気症候群の発作のトリガーはいくつかの器質的な疾患と共通しています。 そのため、気管支喘息発作初期、肺血栓塞栓症、心筋梗塞、感染症、外傷などの器質的な疾患ではないことを医師によって確認することになります。

発作が起ったら? 基本的な対応法

過換気症候群と診断された場合の基本的な対応を挙げておきます。これらは発作を起こしている人に出会った場合に周囲の人にも知っておいてほしい情報です。 発作のときは残念ながら本人には説明する余裕などはありません。できれば、多くの人が基本的な対応を知っておけると良いでしょう。

必ず落ち着くということを理解する

過換気症候群の発作は間違った対応をしなければ必ず落ち着きます。まずは、そのことを知っておくことが大切です。 精神的なストレスの大きさによって、自律神経系の異常が起きていること、息ができないように錯覚しても、体内の酸素は問題ない数値であることを知っておきましょう。

深呼吸ではなく浅い呼吸をする

過呼吸になるということは、血液中の二酸化炭素を酸素に交換する作用が盛んにおこなわれているということです。 血液中の二酸化炭素が低下し血液がアルカリ性になると、様々な器官で症状がでます。意識がぼーっとしたり、手足がしびれたりなどです。 そして、その症状の辛さから呼吸ができないと錯覚するため、焦って深い呼吸をしようとしがちですが、実際には浅い呼吸のほうが適しています。 呼吸ができていないのではなく「しすぎている」ため、多少少ないくらいの呼吸のほうが、二酸化炭素が血中に残存するため、正常な濃度に近づくとされます。

抗不安薬を飲む

過換気症候群は精神的な問題から生起し、また発作への不安や恐怖はさらに悪影響を与えます。そのため、抗不安薬を飲むことで緊張感を和らげることもひとつの方法です。 しかしながら、発作は必ず治まるものですから、必ずしも処方されるものではありません。 発作が起きたときに飲もうとすることは大変危険ですので、発作が起きるかもしれない、起きそうというときに服用します。 なぜなら呼吸のリズムは、飲み込み(嚥下)とも大きく関係しているため、発作が起きて呼吸のリズムが乱れているときに薬を無理に飲もうとすると、薬を誤嚥し窒息してしまう可能性があるためです。

簡単な会話をしよう

過換気症候群では周囲の人の対応も大切です。まず、一緒に慌てないでください。そして、簡単なやりとりをすることで、発作が起きている人から声を引き出しましょう。 何故なら「話す」ということは、自然と息を吐いていると同様ですから、呼吸のリズムを整えていくことになります。

簡単な会話をしよう

過換気症候群では周囲の人の対応も大切です。まず、一緒に慌てないでください。そして、簡単なやりとりをすることで、発作が起きている人から声を引き出しましょう。 何故なら「話す」ということは、自然と息を吐いていると同様ですから、呼吸のリズムを整えていくことになります。

紙袋をあてるは間違い! 素人はやらないで!

以前は、過換気症候群の発作に対して小さな紙袋やビニール袋を渡すことが対応として紹介されたり、ドラマなどの場面でも用いられたりしていましたが、現在は止められています。 この方法はペーパーバック法と言われ、吐き出した息に含まれる二酸化炭素をもう一度吸うことで体内の二酸化炭素量を増やす目的でした。 しかし、二酸化炭素を過剰に吸収することでの症状(頭痛、吐き気、意識消失など)を招くことがあり、死亡事故も起きています。 そのため、医療機関で酸素濃度を測定しながら行うのはともかく、一般的な人が行う対処法としては推奨されません。

過換気症候群は正しい対応をすれば必ず落ち着く。

過換気症候群の発作は大変苦しく、また苦しそうにみえるため焦ってしまいますが、実際には確実に落ち着く発作です。 誤った対応で悪化させないことが大切です。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

胸の痛みを放置すると、胸が痛い事態になるかも。胸の痛みから気付ける病気。
「酸性体質」ってどんな体質? どうして体が"酸性"や"アルカリ性"に傾くってどういうこと?
動悸とめまいが同時に!考えられる病気を知りたい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。