ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

琵琶湖など冬ならではの滋賀の魅力をたっぷりご紹介!人気のおすすめ観光スポット20選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

琵琶湖など冬ならではの滋賀の魅力をたっぷりご紹介!人気のおすすめ観光スポット20選!

滋賀

滋賀は琵琶湖や彦根城など、雪景色とのコラボレーションが素晴らしい絶景スポットが満載!他にも近江の豊かな風土により生まれたご当地グルメや、歴史的にも有名な延暦寺や安土城跡といった大人が満足できる場所も目白押し!

滋賀には冬ならではの魅力がいっぱい!さあ、今年の冬の思い出を作りに滋賀へ行こう♪

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

日牟禮ヴィレッジたねや

日牟禮ヴィレッジたねや

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000168689/photo/

近江の豊かな風土と歴史わがふるさと日牟禮八幡宮の境内にある、和菓子の老舗「たねや」が茶屋を併設。いろりのある情緒豊かな店内では、朝炊きした甘さ控えめの『ぜんざい』が絶品。また和菓子売り場では、芳しい最中種で求肥入りの粒あんを食べる直前に挟む、たねやの代表銘菓『ふくみ天平』が人気で、大きさも細く食べやすくお土産にも最適。

\口コミ ピックアップ/

小豆の美味しさは、秀逸!

何て美味しいんだろうって思いました。

家族みんなで感動しました^_^

いろいろ種類があるけどハズレなし☻

(行った時期:2014年12月14日)

言わずと知られたクラブハリエ。

店頭限定の「焼きたてバームークーヘン」は

当日に食べきるふわふわ甘くておいしすぎる一品♪

みんなに食べてみてもらいたーい!!

(行った時期:2014年12月27日) 日牟禮ヴィレッジたねや

住所/滋賀県近江八幡市宮内町 日牟禮ヴィレッジ

「日牟禮ヴィレッジたねや」の詳細はこちら

ちゃんぽん亭総本家

ちゃんぽん亭総本家

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB000132299/photo/

\口コミ ピックアップ/

野菜たっぷりで

あんかけや味噌など種類も様々。

どれもおいしいです。

肉そばもあります。

おすすめは最後にお酢を入れること。

酸味が効いて旨味が増します。

彦根発祥です。

是非食べてみてください。

(行った時期:2015年12月5日)

スープにお酢を入れて食べます。最初、躊躇しましたが今ではすっかりはまっています。

まずはお酢を入れにスープを味わい、満足したらお酢を入れてください。

二度美味しさが楽しめます!!

(行った時期:2015年12月26日) ちゃんぽん亭総本家

住所/滋賀県彦根市旭町9-8

「ちゃんぽん亭総本家」の詳細はこちら

彦根城

彦根城

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25202af2120008909/photo/

国宝に指定された天守のうちの一つ。別名「金亀城」。白亜三層の天守は今もなお気高い雄姿を誇り、城内には国宝の天守のほか、天秤櫓や太鼓門櫓など重要文化財が現存し、桜、新緑、紅葉、雪景色など四季折々の情緒を感じさせる。井伊直政の子直継・直孝が慶長9年(1604)築城に着手、7ケ国12大名の手伝い普請で20年の歳月をかけて完成。

以後、井伊氏歴代の居城となった。幸い取り壊しを免れたため、三層三重の天守をはじめ多くの遺構を今に残している。堀には琵琶湖の水を巧みに利用し、井伊家で舟遊びなどに使われていた。平山城。

\口コミ ピックアップ/

櫓や城内歴史を楽しみながら。彦根城を2時間かけてゆっくり回りました。また、運よく彦ニャンに会うことができました。ゆるきゃらの踊りが可愛かったです。

(行った時期:2012年12月1日)

春は桜 夏は夕涼み 秋はもみじ そして 冬は白鳥や水鳥を眺めながら ゆっくりと散策

陽だまりの中をあっため合いながら 二人あるくデートコースが格別

(行った時期:2014年12月) 彦根城

住所/滋賀県彦根市金亀町1-1

「彦根城」の詳細はこちら

三井アウトレットパーク 滋賀竜王

三井アウトレットパーク 滋賀竜王

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000178511/photo/

全店舗数が約240店入った三井アウトレットモール。京滋エリアでは初のアウトレット、規模的には近畿最大級の施設規模。高速道路竜王ICからのアクセスも良く、7000台の無料駐車場もある。

\口コミ ピックアップ/

比較的新しいので他のアウトレットと比べると綺麗です!

ここにしかないアウトレットショップもあるのでオススメです!

(行った時期:2015年12月)

スポーツブランド、お洒落ブランド、飲食店など、数多くのSHOPがあるので凄く楽しいです!1日楽しめるスポットだと思います!

(行った時期:2011年12月) 三井アウトレットパーク 滋賀竜王

住所/滋賀県蒲生郡竜王町大字薬師字砂山1178-694

「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」の詳細はこちら

黒壁スクエア

黒壁スクエア

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25203cc3360049331/photo/

黒壁スクエアは、滋賀県長浜市にある古い情緒ある街並みが特徴のエリアのこと。江戸時代から明治時代の古建築を活かしたガラスショップ、ギャラリー、ガラス工房、体験教室、レストラン、カフェ等が集積します。年間約200万人の観光客が訪れる滋賀県湖北随一の観光スポットです。

\口コミ ピックアップ/

レストランやおみやげ物屋さんがたくさんあり、どのお店も素敵でどこでご飯を食べるかかなり悩みました。お土産選びも楽しかったです。

(行った時期:2015年12月)

長浜の駅前にあり、非常に情緒あふれる街並みです。ガラス工芸品が非常に多くありますので見ているだけで楽しくなります。

飲食店も近くにいっぱいあるので行く価値あります。

(行った時期:2015年12月10日) 黒壁スクエア

住所/滋賀県長浜市元浜町12-38

「黒壁スクエア」の詳細はこちら

多賀大社

多賀大社

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25443fc3560063098/photo/

\口コミ ピックアップ/

伊勢神宮の親神様が祀られており、とてもきれいな気を感じられます。御祈祷しますと、長寿箸と御神米を頂けます。またペット守りのご加護でしょうか、愛犬がとても元気になりました。

(行った時期:2014年12月17日)

御朱印巡りで参拝させて頂きました。

御朱印帳を入れる袋、デザインも素敵な上に初穂料も1000円だったので思わず購入しました。

生地もしっかりしていて良い袋でした。

社殿も立派ででした。一度は参拝させて頂きたい神社です。

(行った時期:2015年12月) 多賀大社

住所/滋賀県犬上郡多賀町多賀604

「多賀大社」の詳細はこちら

琵琶湖

琵琶湖

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25207ab2030004601/photo/

県面積の約6分の1を占めるわが国第一の大湖。遊覧船が走り,湖岸には水泳場が多く、釣りも楽しめる。

\口コミ ピックアップ/

遠くから見ると、海そのものです。近くからでも、手前ではなく琵琶湖の奥のほうに目の焦点を当てると、海のようにきれいに見えます。

場所によっては海水浴もできるくらいのレベルです。風はきついですが、鳥が浮かんでいたり、ほのぼのします。

(行った時期:2014年12月16日)

湖岸道路を通りながら琵琶湖を眺めるのが大好きです。特に湖面に沈む夕日がとても綺麗なのでお買い物の後にお食事をしながらゆっくりと眺めるのがオススメです。

(行った時期:2014年12月24日) 琵琶湖

住所/滋賀県守山市(中主町)

「琵琶湖」の詳細はこちら

延暦寺

延暦寺

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25201ag2130010557/photo/

伝教大師最澄が比叡山に草庵を結んだことに始まる天台宗総本山。標高848mの比叡山全域を境内とする寺院で、日本仏教の母山と言われています。

広大な寺域は100余りの建造物があり、延暦寺の総本堂である根本中堂(国宝)や大講堂などがある「東塔」、最澄作の釈迦如来を本尊とする釈迦堂やにない堂などがある「西塔」、横川中堂や元三大師堂などがあり、静寂に包まれた「横川」の三つのエリアに分かれています。戦国時代に織田信長の焼き討ちにあいましたが、豊臣秀吉や徳川家康などにより復興され、平成6年に世界文化遺産に登録されました。

\口コミ ピックアップ/

冬の寒い時期に訪れたのですが、京都市内が雪に積もってなくても、山にある寺周辺に

は雪が積もってました。境内は広く、各建物が素敵です。

(行った時期:2013年12月)

紅葉の時期がおすすめですが四季折々の良さがあると思います。ドライブなども良いですが車を停めて東塔、西塔、横川を歩いていると身が引き締まります。東塔エリアではお土産や食事も出来ます。

(行った時期:2015年12月) 延暦寺

住所/滋賀県大津市坂本本町4220

「延暦寺」の詳細はこちら

メタセコイア並木

メタセコイア並木

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000173935/photo/

500本の木々が続く、高原の道を駆け抜けようマキノ高原へのアプローチ道として全長約2・4km、ただひたすらまっすぐと続く並木道。約500本のメタセコイアの木は樹高12mにも及び、天に向かって幹を伸ばすそのたくましさに、誰もが絶賛するはず。また季節によって趣も異なり、新緑がまぶしい初夏やムード溢れる紅葉時、雪化粧した冬の姿も格別。

\口コミ ピックアップ/

まっすぐに続く並木道がとってもすてきです。

メタセコイアが春夏秋冬、それぞれの季節で色を変えるので、1年通して楽しむことができます。

私のおすすめは、これから紅葉する晩秋と、雪をかぶった冬。

何ともロマンチックですよ。

こちらはツーリングの人気スポットでもあるようですが、冬は凍結防止の水が出ている道があるので、バイクの方は気をつけてお越し下さい^^

(行った時期:2014年12月)

気になって、行ってみました。

紅葉が終わりかけだったのですが、まだ十分見ごたえがありました。

今度は、雪や新緑のメタセコイア並木道を見に行きたいです。

(行った時期:2015年12月) メタセコイア並木

住所/滋賀県高島郡マキノ町

「メタセコイア並木」の詳細はこちら

石山寺

石山寺

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25201ag2130010556/photo/

良弁開山の東寺真言宗大本山で西国三十三霊場第13番の観音霊場。諸堂宇は景勝地の自然と調和している。境内は巨大な硅灰石(天然記念物)の上に建てられており、寺名の由来となっている。

\口コミ ピックアップ/

まさに心が洗われるスポット!!

人間関係に悩んでた時に行ったんですが、そんな悩みなんかちっちゃく感じられるぐらい神聖な雰囲気があります♪

お寺もキレイですし、木々の紅葉も素敵すぎるお寺ですっ(≧∀≦)

(行った時期:2008年12月)

駐車場は600円、拝観料も一人600円です。お寺の前のお土産屋さんでは、しじみの炊き込み御飯やしじみの汁が人気ののようでした。境内は、そこそこ広く、ぐるっと一回りすると1時間くらいかかります。54歩でわかる源氏物語という無料の展示があり、源氏物語の粗筋をはじめて知りました。そこそこ坂道になっているので、健康にも良さそうです。

(行った時期:2015年12月9日) 石山寺

住所/滋賀県大津市石山寺1丁目1-1

「石山寺」の詳細はこちら

夢京橋キャッスルロード

夢京橋キャッスルロード

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25202ad2150017076/photo/

彦根城のお堀にかかる京橋からすぐ。白壁と黒格子の町屋風に統一された街並みは江戸時代の城下町をイメージしています。和菓子屋、洋菓子屋、地元ならではの商品を扱うお店が軒を並べ、古き時代と新しい時代の薫り漂う「OLD NEW TOWN」 です。

\口コミ ピックアップ/

美しい城下町を再現しています。リーズナブルでゆったりと楽しめるお食事処が多く、私は三中井のロールケーキがお勧めです。

(行った時期:2013年12月)

いろんなお店があり、特に飲食店さんはどのお店もジャンルが違っていてもおいしくて間違いがないです。

何度も通って、このお店のお気に入りはコレ、アレはあのお店で〓と楽しめることが出来る城下町です。

(行った時期:2014年12月) 夢京橋キャッスルロード

住所/滋賀県彦根市本町

「夢京橋キャッスルロード」の詳細はこちら

おごと温泉

おごと温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25201cd2110077260/photo/

伝教大師・最澄により開湯されたと伝えられている湖国随一の温泉郷。琵琶湖の大観を一望し、近江富士と呼ばれる対岸の三上山が美しく眺められ、素晴らしい眺望と多彩な味覚にあふれた湖畔の保養地として四季を通して多くの人々に親しまれています。また冬は名物の鴨すきの賞味が格別です。

\口コミ ピックアップ/

昔のイメージは払拭され、素敵な旅館やスーパー銭湯が立ち並んでいます。部屋からは琵琶湖が眺められるのがいいですね。泊まりもいいですが、フラット日帰りで訪れるのも楽しいです。

(行った時期:2015年12月)

無料の足湯がありとてもほっこりできます。ちょっとしたお店があり地元のみやげ物の購入や食事もできるので立ち寄るのにちょうど良いところです。

(行った時期:2015年12月) おごと温泉

住所/滋賀県大津市雄琴1丁目

「おごと温泉」の詳細はこちら

八幡堀

八幡堀

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25204ae2180021962/photo/

豊臣秀次が八幡山に築城の際建設した堀、近江八幡市のメインの観光スポットである。

\口コミ ピックアップ/

「朝が来た」をテレビで見て、行ってみたくなりました。他のドラマや映画にもたくさん登場してたんですね、素敵な場所でした。

(行った時期:2015年12月)

日牟禮八幡宮の門前から堀めぐりが終わった船着き場を眺め、堀端の道を歩く夕暮れ時。何とも風情のある場所でした。

次回はぜひ堀めぐりに乗ってみたいものです。

(行った時期:2015年12月) 八幡堀

住所/滋賀県近江八幡市宮内町周辺

「八幡堀」の詳細はこちら

長浜市

長浜市

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25203ad2150017051/photo/

豊臣秀吉によって築城され、城下町が建設された。その後、廃城となり城下町もなくなり、商工業中心の町として発展を遂げ、宿場町としてもにぎわった。北国街道は湖岸に平行して走るが、舟町・十一町(現在の朝日町)には古い町家が並び、昔の街道の面影をよく残している。また、街道より港に向かう道沿いには、舟板塀の民家が見られ、長浜港の繁栄していたころが思われて興味深い。

\口コミ ピックアップ/

観光名所が歩いて回れるので、長浜市が好きです。牛肉もおいしいし、ウナギのおいしい店もあるし、何度来ても飽きない所です。

(行った時期:2015年12月26日)

観光名所が歩いて回れるので、長浜市が好きです。牛肉もおいしいし、ウナギのおいしい店もあるし、何度来ても飽きない所です。

(行った時期:2015年12月26日) 長浜市

住所/滋賀県長浜市北船町1

「長浜市」の詳細はこちら

玄宮園

玄宮園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25202ah2140016711/photo/

城の北東にある大名庭園で、琵琶湖や中国の瀟湘(しょうしょう)八景にちなんで選ばれた近江八景を模して作られました。彦根藩4代目藩主・井伊直興が延宝5年(1677年)に造営したとされています。 毎年9月には「虫の音を聞く会」、11月には「錦秋の玄宮園ライトアップ」が催され、大名庭園ならではの趣が味わえます。

\口コミ ピックアップ/

明るい時間に一度行き、改めて夜のライトアップを見に行きました。※ライトアップは、期間限定でした。

玄宮園から彦根城が見えますが、夜は彦根城が白く浮かび上がります。池にも彦根城がクッキリ映って綺麗でした。

(行った時期:2014年12月)

お庭がきれいです。雪のときに行ったので、雪景色がとても素敵でした。彦根城の近くにあります。池にうつるお庭もきれいです。

(行った時期:2012年12月) 玄宮園

住所/滋賀県彦根市金亀町3

「玄宮園」の詳細はこちら

佐川美術館

佐川美術館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25207cc3300033839/photo/

日本画の平山郁夫氏と現代彫刻の佐藤忠良氏、陶芸の樂吉左衛門氏らの作品を中心に集めた美術館。 水に浮かぶ美術館として有名。

\口コミ ピックアップ/

特別展示の光と影のファンタジーに子供を連れて行きました。大人も楽しめる素敵な展示でした!

建物はとてもキレイで落ち着く美術館です。

(行った時期:2014年12月14日)

琵琶湖大橋の近く守山側にあります。

大人はもちろんのこと、子供向けのイベントも時々しているので、スケジュールを確認して遊びにいかれてみては。敷地内も散歩できるきれいなばしょです。

(行った時期:2015年12月) 佐川美術館

住所/滋賀県守山市水保町北川2891

「佐川美術館」の詳細はこちら

琵琶湖博物館

琵琶湖博物館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25206cc3290032726/photo/

「湖と人間」をテーマに数百万年にわたる琵琶湖の歴史や湖と人との関わりを、見て、触って、体験できる感動いっぱいの博物館です。日本最大級の淡水魚類展示もあります。

\口コミ ピックアップ/

琵琶湖の魚たちの展示もありますが、なぜ琵琶湖ができたのかなどの歴史が勉強できました。琵琶湖とその周辺からは意外な動物の化石も発見されているとは。子供でも十分楽しめる施設です。

(行った時期:2013年12月)

三ヶ月に一度くらい遊びに行きます!うちには園児の子供が三人[四歳、二歳の双子]がいますが、館内を見ながら歩くのが楽しいようで ザリガニや魚の水槽を見て喜んでいます♪半日は充分遊べます!館内にはお弁当持参で食べるスペースもありますし、雨でも館内なので 大丈夫です☆向かいには道の駅があり うさぎややぎやらの動物に餌やりすることもでき もちろん新鮮野菜も購入できるので帰りにはぜひ お立ち寄りください♪

(行った時期:2012年12月) 琵琶湖博物館

住所/滋賀県草津市下物町1091

「琵琶湖博物館」の詳細はこちら

びわ湖バレイ

びわ湖バレイ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25301ca3470057992/photo/

京阪神からアクセス快適。エリアナンバーワンの造雪力で雪質の良さと変化に富んだ8つのコースが自慢。モーグルバーン、ポールバーン、ハーフパイプやスノーパークの専用コースから、そり遊びゲレンデにキッズ専用スキーレッスン「スキッズ・キャンプ」と、すべてのレベル・年代の方に楽しんでいただけます。

\口コミ ピックアップ/

まるで琵琶湖にむかってすべっているような「最高のパノラマゲレンデ」は気持ちよさ100点満点です。でも「びわ湖バレイ」は冬だけではありません。春・夏は「高山植物」を含む多くの花が咲き、秋は山全体が紅葉となり、四季を通して「自然と親しめるスポットです。

(行った時期:2014年12月)

近畿地方にあるスキー場としては比較的アクセスの良い場所で、夏場はハイキングも人気の場所です。メインはやはり冬場のスキー場で、麓からは大きなロープウェーで一気に登れます、山頂からは琵琶湖の景色も綺麗に見られ、スキー場のコースも初心者から上級者までいくつかあり、家族や友達同士で楽しく遊べるスポットです。駐車場はロープウェー乗り場周辺にいくつかあります。

(行った時期:2013年12月) びわ湖バレイ

住所/滋賀県大津市木戸1547-1

「びわ湖バレイ」の詳細はこちら

安土城跡

安土城跡

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25381af2170020488/photo/

標高約200mの安土山山上にあり、400年を経た今も石垣や礎石が往時をしのばせてくれる。安土城は、織田信長が、天正4年(1576年)から3年有余をかけ完成した五層七重の、わが国最初の天主閣を有する城。本能寺の変で信長が倒れたのち、城下町とともに焼き払われ、天下の名城をわずか3年にして灰燼と化した。

当時、四方を琵琶湖と沼で囲まれていたが、今は大中の湖干拓地として田園が広がり、そう見寺跡から見る西の湖が美しく、わずかに二の丸跡の信長墓所や、秀吉、前田利家などの屋敷跡が戦国の世を語り伝えている。

◎織田信長(1534年~82年)尾張に生れたが、永禄10年岐阜城主となり、10年東奔西走して安土に移る。井の口を岐阜と改称した。本能寺の変に討死。

\口コミ ピックアップ/

まず長く真っ直ぐ伸びる大手道。登るのは大変でしたが天主閣址に辿り着くまでの間にある石仏を見たり秀吉や前田利家の屋敷跡を見ながら頂上の天主閣址に着くとそこには天主台の礎石があってここに安土城があったかと想うと感動しました。頂上からの景色は眼下に琵琶湖や田畑が広がり景色も良かったです。

(行った時期:2009年12月27日)

一度行ってみたかった!場所。当時のことを想像しながら足を進め、迫力に圧倒された。感慨深い時間だった。

(行った時期:2014年12月) 安土城跡

住所/滋賀県近江八幡市安土町下豊浦

「安土城跡」の詳細はこちら

近江神宮

近江神宮

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25201ag2130013061/photo/

大津京を建都した天智天皇を祭神とし、昭和15年に皇紀2600年を記念して建立されました。社殿は近江造と呼ばれる新しい様式で、近代神社建築を代表するものとして国の登録文化財に指定されました。天智天皇が日本で初めて漏刻(水時計)をつくったことに因み、境内には古今東西の時計を展示する時計館宝物館があり、6月10日の時の記念日には「漏刻祭」が行われます。

また、小倉百人一首巻頭歌が天智天皇のものであることからかるたの殿堂とされ、お正月に行われる「かるた祭」でも有名です。

\口コミ ピックアップ/

お正月以外いつも空いていて静寂が楽しめる神社です。歴史もあって素晴らしいです。ゆっくり散策したいときオススメです。

(行った時期:2014年12月)

非常に境内が広く、街の喧騒をわすれさせてくれます。百人一首の大会でも有名です。

(行った時期:2009年12月13日) 近江神宮

住所/滋賀県大津市神宮町1-1

「近江神宮」の詳細はこちら

※この記事は2016年11月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

冬の大阪は見どころ満載!グルメスポットなど家族みんなで楽しめる、おすすめ観光スポット20選!
今年の冬は家族で、友達同士で、カップルで神奈川に行こう!おすすめの人気観光スポット20選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。