ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

主婦が50才で開業、日本初のミルク酵母のパン専門店が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 努力とがまんを続けても、夢はかなわないこともある。しかし、かなえている人がいるのも事実。それも、結婚や出産、更年期などを経て50代になった今、ようやくに…。彼女たちの原動力は何か、38才でパン作りに目覚め、50才で開業した女性に実録取材。

 50才にして開業した主婦の白井幸子さん(66才)。実はこの店、日本初のミルク酵母のパン専門店として話題の店だ。

「私の田舎には、既製品のパンしか売っていなくて、幼い頃は、釜から焼き上がる温かいパンを買うのが憧れでした。でも親に“女が店を開けるわけがない”と反対され、諦めていました」(白井さん・以下「」内同)

 忘れていた思いが再燃したのは、38才の時。3人目のお子さんが幼稚園に入園したのを機に、ママ友と通い出したパン教室がきっかけだった。

「パン作りって単純なようで難しい。夏と冬でも作り方が違う。もっと知りたいと、パン作りにのめりこんでいきました」

 そうして得た経験をもとに資格を取り、パン作りの教室を開いた。さらに研究を重ね「ミルク酵母」に出合ったという。

「このパンは、型に入れず、丸めて釜に入れる。そして好きな方向に伸ばすんです。子育てにも通じる作り方が気に入って、ドイツのパン作りなどを勉強しました」

 主婦の趣味が高じてパン作りに夢中になる白井さん。続けられたのは、家族のおかげだという。当初、「硬いパンは嫌いだから」と猛反対していたご主人も、朝から晩までパンを焼き続ける妻の姿に降参。ミルク酵母パンの専門店を開業した時は、店の経理を担当してくれることに。

「専業主婦の身でパンに随分投資してきたから、元を取らないとと、開業はいわば背水の陣でした。夢は、ミルク酵母パンのおいしさを伝えていけたらって、ただそれだけなんです」

 釜から焼き上げた温かいパンを売る。そんな少女の頃の夢は、家族の協力の下、かなえられたのだ。

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
GOPANなどオーブン焼きに負けぬホームベーカリーが人気
「第3のミルク」として注目のライスミルクとアーモンドミルク
ライス、アーモンド、ココナッツミルク 第三のミルクが人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP