ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菅田将暉が「やられたい放題」だった小松菜奈を絶賛

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『溺れるナイフ』(公開中)の大ヒット記念舞台挨拶が11月12日に行われ、キャストの菅田将暉(23才)と小松菜奈(20才)が登壇した。

 本作で胸キュンなラブシーンを演じているふたり。菅田が小松にする“顔ペロ”からのキスが話題になっているが、菅田は「やられたい放題で、よく文句を言わなかったよね」と小松を絶賛した。

 同作の原作はジョージ朝倉作の累計発行部数150万部超(2016年3月時点)のコミック『溺れるナイフ』(講談社「別フレKC」刊)。なお、二人は「あなたにとっての『溺れるナイフ』とは?」と聞かれ「瘡蓋(かさぶた)」(菅田)、「10代最後の輝き。」(小松)とフリップに書いた。

撮影■高柳茂

【関連記事】
女子中高生限定試写会に小松菜奈&菅田将暉がサプライズ登場
小松菜生産量年間約4万トンで日本一の東京23区のある区とは
視聴率絶好調の『半沢直樹』原作は7月だけで40万部超売れる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP