体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デジゲー博で見つけたおすすめ同人・インディゲーム12選

デジゲー博

 
デジゲー博

 
2016年11月13日、同人・インディゲームの頒布イベントであるデジゲー博が東京にて開催された。本イベントは今年で4回目の開催となり、ブース数の増加や様々なVRゲームの出展など、前年に引き続いての活況が感じられたイベントとなった。

そこで今回、もぐらゲームスではデジゲー博で気になった同人・インディゲームを12作品紹介。既に配信されている作品や、今後リリースを予定している作品もあるため、気に入った作品があったら情報を追っていくことをおすすめしたい。

1発1発狙って当てる楽しさを追求したSTG『MISSILEMAN』

今時シューティングゲームといえば、ショットを雨のようにバラ撒くタイプが主流だ。たしかにその方が派手で爽快感があるのだが、一方で「狙う」緊張感と「当てる」快感が薄れてしまっているようにも感じる。

『MISSILEMAN』は、ショットが連射できず、1発1発丁寧に撃っていくタイプのゲームとなっている。1発撃ったらしばらく撃てなくなってしまうため、よく狙って撃つ必要がある。外してしまったときのデメリットがあるお陰で、当たったときの嬉しさが高まっているわけだ。しかしそれだけではない。このゲームの良さは「当たった」ことを褒めてくれるシステムが搭載されていることだ。

まず、連続して敵を倒していくとカウントされる「コンボ」だ。ミサイルを外さずに当て続けることで経験値が多く得られるため、早くアップグレードをすることができるわけだ。また、アップグレードのひとつである「援護ミサイル」も、ミサイルが敵にヒットした際に追加で小型ミサイルが自動発射されるというシステムだ。

「コンボ」と「援護ミサイル」、この2つのシステムがミサイルをうまくヒットさせられた際の報酬となっており、ミサイルを当てる気持ちよさが大幅に増幅されているというわけだ。
(ニカイドウレンジ)

公式サイト:http://game-or-die.com/

王道をまっすぐ突き進む弾幕STG『アカとブルー』


デジゲー博

弾幕STGへのアンチテーゼを感じた『MISSLEMAN』とは対照的に、こちらは近年の弾幕STGの王道を行くタイトルだ。それもそのはず、本作を制作している株式会社タノシマスの代表取締役が、弾幕STGの老舗である株式会社ケイブから独立した木村浩之氏だからだ。

実際、本作『アオとブルー』は、王道型のド派手なシューティングゲームとなっている。制作者が公式のブログで「ふつうのシューティングゲーム」と公言されている通り、本作は弾幕STGとしてはオーソドックスなシステムだ。ショットとボムがあり、コンボシステムがあり…といった感じで特筆したシステムはない。

だがしかし、クオリティに関しては決して「ふつう」ではない。ショットを当てる手応え感、爆発のエフェクトや効果音の気持ちよさ、美しさと視認性を兼ね備えた弾幕。熱く力強いBGM。本家CAVEのタイトルと堂々と張り合えるクオリティだと筆者は感じた。

「システムは普通だ」と書いたが、ボムのシステムはなかなかユニークだ。ボムゲージを溜めて発動すると、大きな火球がゆっくりと前進しながら敵弾をかき消し得点アイテムに変えていく。重要なのは「ボムで敵弾をかき消した量に応じてボムゲージがチャージされる」という点だ。敵弾が密集しているところにうまく打ち込めば、ボムが再び使用可能となるのだ。得点アイテムがジャラジャラ出る点と合わせ、麻薬的な気持ちよさがあった。

デジゲー博
↑ボムを放った直後の画面。大量の得点アイテムが画面いっぱいに湧き出ている。
(ニカイドウレンジ)

公式サイト:http://tanoshimasu.com/project

AIで制御された群れをコントロールするゾンビ感染パズル『シカバネ☆パンデミック』

『シカバネ☆パンデミック』は、部屋の中にいる人間を全員ゾンビにすることが目的のパズルゲームだ。感染アイテムを使用すると少数の人間をゾンビに変えることができる。ゾンビは付近にいる人間を襲うので、感染させてゾンビを増やし、最終的に部屋中にいる人間を全部ゾンビ化させたらステージクリアだ。

ゾンビはAIによって制御され、自動的に付近の人間を襲う。が、人間も同様にAI制御となっており、ゾンビから逃げるようになっている。ゾンビは視野が狭く足も遅いため、そのままではゾンビに人間を襲わせることは難しい。そこで、プレイヤーは「ゾンビワープ」「ゾンビ透明化」などの手持ちアイテムや扉の開閉ギミックなどを駆使して、どうすれば人間に噛みつけるかを試行錯誤するわけだ。

いわゆる詰め将棋方式のパズルではあるが、ゾンビも人間もAI制御となっているため、カッチリとしたクリア手順が決まっておらず、様々な方向からのアプローチが可能なゲーム性となっている。また、クリアまでのタイムにによって評価が決まるので、効率のよい感染手順を確立する奥深さもあるようだ。奇抜さだけでなく、パズルゲームとしての新規性や完成度が高い一作だ。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。