ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水泳の消費カロリーは凄まじい!明日から泳ぎたくなるダイエット効果

  • ガジェット通信を≫


同じ有酸素運動を行うスポーツに比べて、水泳はかなりカロリー消費の高いスポーツです。
ダイエットにも適しているといいますが、実際どれくらいの効果があるのでしょうか? 今回は水泳とダイエットについてご紹介します。

要チェック項目

□水泳は最も消費カロリーが多い □ひざへの負担が少なくダイエットに適している □泳げない場合はまずは歩いてもいい

水泳は消費カロリーが高い

水泳がダイエットにいいということで、まずは水泳のカロリーを調べてみました。 一般的な男性と女性が一時間クロールを泳いだ場合、消費カロリーは男性で1337kcal、女性で1039kcalという結果になっており、 ジョギングを1時間走ったときの男性605kcal、女性470kcalに比べて、倍以上の消費カロリーの違いがありました。 水泳は、消費カロリーが高いと漠然と理解していましたが、ここまでの差があるというのは驚きですね。 同じように平泳ぎを泳いだ場合の消費カロリーは、男性で700kcal、女性で544kcalとなっていて、クロールに比べると消費カロリーは少なくなるものの、 それでもジョギングに比べると、消費カロリーが高いということが分かります。 運動でダイエットをしようとするのであれば、水泳が最も時間効率が良いということになりますね。

理想は様々な泳法を均等に泳ぐ

正水泳でダイエットをするにあたって、どの泳法で泳ぐのが最も効果的なのかが気になると思います。水泳で初めてダイエットを行う場合は、自分が最も得意とする泳法で泳ぐとよいでしょう。 運動する時間が長ければ長いほど、ダイエット効果はどんどんと高まります。 ただ、もしあなたが泳ぐのが得意であるのであれば、1日の水泳の中で様々な泳法を取り入れるようにしましょう。 どのような泳法であっても、痩せることは間違いありませんが、泳法によって使用する筋肉が大きく違ってきます。 クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライなど、バランスよく泳いでダイエットを行う事で、全身を余すことなくバランスよく引き締めることができます。 苦手な泳法があるのであれば、せっかくなら練習も兼ねて泳ぎ方を覚えてみてもいいかもしれませんね。

身体にかかる負荷が少ない

水泳は、抵抗力としての運動負荷はあるものの、ほかの運動に比べて体にかかる負荷が少ないといわれています。 ジョギングなどをすると、ひざや関節を痛めてしまうことがあります。これは、走ることにより体重が重力の影響を受けて、ひざを痛めつけるからです。 ですが、水泳においては水による抵抗力はありますが、浮力もありますので関節を痛めずに運動をすることができます。 水泳をすることにより筋肉痛にはなっても、関節が痛むということはないです。ですので、体重が大きい方ほどジョギングなどの陸上トレーニングよりも水泳を行うことがおすすめされているのです。

1km泳ぐとどれくらいの消費カロリーか

冒頭で、クロールを1時間泳いだ場合についてご紹介しましたが、実際1時間でどれくらい泳ぐとその消費カロリーになるのかわからないのではないでしょうか? また、ダイエットをする方にとって、スポーツとしての消費カロリーは、負荷が強すぎる可能性がありますので、短時間に1km泳いだ場合の消費カロリーを計算してみましょう。 もし、体重65kgの男の人が1kmをクロールで30分かけて泳いだとします。その時の消費カロリーは、314kcalとなります。 この消費カロリーというのは、菓子パンなどを100グラム食べた時と同じくらいのカロリーです。たった30分で、菓子パン一つ分であればかなりの消費量といえるでしょう。 また、この1kmをもっと短い時間で泳いだ場合は、消費カロリーがさらに大きくなりますが、あまり無理をしてしまうと無酸素運動になってしまうことがありますので、無理のない範囲で泳ぐことが重要となります。

泳げなくても歩くだけでもいい

また、泳ぎが得意でなく1時間も2時間も泳ぐことはできないというときには、何もすべて泳ぐ必要はありません。 そんなときには、水中ウォーキングと併用することをおすすめします。水中ウォーキングは1時間行った場合、男性で255kcal、女性で198kalと流水ウォーキングとあまり変わりませんが、ひざへの負担が軽くなります。 30分泳いだら、15分水中ウォーキングするなどの併用をすることでさらに効果的にダイエットをすることができるでしょう。 また、この程度でも週に2~3回のペースで継続しておけば、徐々に泳ぐことができる時間が伸びてきます。そうしたら、1時間泳いで30分水中ウォーキングをするなどのような調整を行っていきましょう。

水泳で健康的に痩せよう

今回は水泳のダイエット効果についてご紹介しました。水泳は運動の中でも最も消費カロリーが多いスポーツです。 まじめに継続すれば最も早く効果が実感できます。 また、浮力によりひざへの負担が軽いですので、体重が多い方ほどおすすめの運動となります。 ぜひ皆さんも水泳でダイエットを始めてみてはいかがでしょうか? (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

痩せるとウワサの7つのダイエット 実践しても大丈夫?《名医のTHE太鼓判!》
炭水化物で痩せるって本当?手軽に美味しくおにぎりダイエット!
ダイエット外来とは? 医療機関で楽に健康的に痩せられる方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP