ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電子ペーパー搭載! 8カ月も電池が持つ活動量計

DATE:
  • ガジェット通信を≫


現代人の健康志向によってヒットアイテムとなった活動量計。機能を絞ったシンプルなものから、脈拍などバイタルデータも計測できる多機能なものまで登場しており、好みやライフスタイルにあわせて選べる状況となっています。

【もっと大きな画像や図表を見る】

しかし、多くは充電式で電池が1週間前後しか持たず、電池切れでデータが取れなかった…、なんて経験をした人もいるようです。さらに、ディスプレイを搭載したタイプだと、バッテリーが1~2日しか持たないため、充電の手間が面倒で使わなくなってしまうということもありがち。

そこで「できるだけ電池を気にせずに使いたい」という人にオススメしたいのが『Withings Go』。ディスプレイに電子ペーパーを採用したことで省電力を実現し、さらに充電式ではなくボタン電池を採用することで、最長で8カ月も電池交換が不要となった活動量計です。

一般的な活動量計と同様に日常の運動量が記録できるほか、50m防水なので水泳時の記録にも対応。また、睡眠も自動認識し、睡眠時間や眠りの深さをアプリ上で確認できます。これらのデータは、スマホのアプリで管理され、友人と共有もできるのでモチベーションアップにも繋がります。

本体のディスプレイには、自分で設定した歩数や消費カロリーなどの目標に対して、どのくらい達成できたかが円グラフで表示されるほか、画面を押すことで時刻表示に切り替えが可能です。電子ペーパーのディスプレイは、省電力というだけでなく、明るい屋外でも画面が見やすいというメリットがあります。また、暗いところでも鮮明な表示によって、少しの明かりさえあれば十分に読み取れます。

活動量計による健康管理にメリットを感じながらも、充電に掛かる手間のせいで長続きしなかったという方、これは試してみる価値がありますよ。

(青山祐輔)

『Withings Go』(Withings/価格:9800円)

(R25編集部)

電子ペーパー搭載! 8カ月も電池が持つ活動量計はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

生理の遅れ、受診は「3カ月」を目安に
ハイカロリーなケンタ「CHIZZA」に「むしろヘルシー」の声
「糖質の摂りすぎは、体や肌の老化を進める」はホント?
「そこでお菓子!?」イラつく女性の食作法TOP10
焼肉店で「野菜を好んで食べるようになる」平均37歳から

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。