ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お祭り気分ばかりが「宝くじのCM」ではない。たとえばスペイン編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月も中頃になると、高額当選をうたい文句にした「年末ジャンボ宝くじ」の広告が流れてくる。それも毎年、過剰なまでに賑やかなものが。一年最後のビッグイベントだということは百も承知だけど…。

ハイテンションの押し売りばかりで辟易(へきえき)しているみなさんへ。同じ「宝くじ」を題材にしたものでも、スペインで制作されたこの動画なら、見終わった後に充足感が訪れるに違いない。

喜びを分かち合うことが
何よりのしあわせ。

 もしも、宝くじで一等賞に当選したら…。

誰だって一度くらい、こんな妄想に取り憑かれ、夢物語を熱く語ったことがあるはずだ。見たこともないような大金を手にする権利を得たとき、それが自分だったなら、誰どどのように喜びを分かち合うだろう。

至福の瞬間が訪れた(実際には…)とき、このおばあちゃんのとった行動に注目しながら見て欲しい。

すべては、
大きな勘違いから始まった

小さな田舎町を舞台にしたこの物語。学校の先生を辞め、隠居生活を送るCarminaおばあちゃんが、宝くじで400万ユーロ(約4億6,000万円)に当たったと勘違いするところから、すべてが始まる。

彼女のあまりの喜びように、本当のことが言えなくなってしまった家族。しばらくの間、彼女の勘違いに付き合うことに。これが、町中の人たちを巻き込んだ、大じかけのお祝いパーティーへと発展していく。

Carminaおばあちゃんの無茶ぶりに奔走する家族。けれど、住民たちは誰ひとりNOと言わずに家族に協力する。なぜなら町のほとんどの人が、彼女の教え子だったから。

いよいよ最後の場面になって、息子が本当のことを伝えようとする。

「じつは、言わなくちゃいけないことがあるんだ」。

すると、息子の言葉をさえぎるようにCarminaおばあちゃん。

「あんたの言わんとすることは分かる。でもね、私はこの当たりくじを黙ってあんたが受け取ってくれたら。それが一番のしあわせなの」。

 

喜びをみんなと分かちあおうとするCarminaおばあちゃんの姿勢が、結果として彼女の勘違いに巻き込まれた、すべての住民たちをしあわせにすることができた、というのがオチ。

高額当選のチャンス!と期待感をアゲに上げるのも、たしかに戦略のうち。でも、こちらはその期待感を「もしも本当に当選したならば…」、で見せてくれた。

単純に良し悪しではなく、手法のひとつとして、こんな年の瀬も悪くないでしょ。Licensed material used with permission by Loterias

関連記事リンク(外部サイト)

「ギャー」「アー」54億円の宝くじが当たった瞬間!(動画あり)
英・百貨店「ジョン・ルイス」のクリスマスCMが胸にジーンとくる・・・
「いつか」は訪れてみたいスペインに「今」行くべき理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP