ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブームの予感! 美容の味方“グレープシードオイル”のすごい効能!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブームの予感! 美容の味方“グレープシードオイル”のすごい効能!<br />

美容に敏感な人たちの間で、今話題になっているのが“グレープシードオイル”です。もちろんお料理にも使えますが、それよりも評判なのが美容オイルとして万能すぎるということ。ここでは、グレープシードオイルの特徴や美容上の使い方などをご紹介します。

爽やかなグリーンの“グレープシードオイル”の原料はブドウ

グレープシードオイルはブドウの種子を圧搾したオイルです。ブドウと言えば、私たちにはワインの方が馴染み深いかもしれませんね。ブドウの種子に含まれる油分はほんの少量なので、グレープシードオイルはとても貴重なオイルなのです。オレイン酸やリノール酸が含まれているほか、ポリフェノールやビタミンEも多く含まれているのが特徴です。特にビタミンEはオリーブオイルの2倍もの量が含まれています。リノール酸には酸化しやすい欠点がありますが、グレープシードオイルはビタミンEの抗酸化力のおかげで酸化しにくくなっています。

食べるだけじゃもったいない“グレープシードオイル”の使い方

グレープシードオイルは食用油としても優れていて、ドレッシングや炒め物、揚げ物など何にでも使うことができます。油っぽさがなくサラサラしているので、揚げ物にしてもクセがなくサクッといただけます。でも、食べるだけではもったいないのがこのオイル。ここでは、グレープシードオイルの美容にいい使い方をご紹介します。

クレンジングやマッサージに!

グレープシードオイルは顔のクレンジングにもピッタリ。少し多めに取って、顔全体をマッサージしながらメイクを浮かせていきましょう。マッサージ後は、普通に洗顔してください。実はグレープシードオイルはエステのベースオイルとしても使われるオイルです。メイク落としだけでなく、体全体のマッサージオイルとして使うのもアリですね。ビタミンEとポリフェノールが多いオイルなので、皮膚の老化を防ぐ効果があります。

ヘアケアに使えば艶やかな髪に!

グレープシードオイルで頭皮をマッサージすれば、髪が艶やかにふっくらとしてきます。おススメは、シャンプー前のマッサージ。シャンプー後の濡れた髪ではなく、乾いた髪の方がオイルが染み込みやすいのです。頭皮を軽くブラッシングしたら、グレープシードオイルでマッサージ。あくまでも髪ではなく頭皮をマッサージするのがコツです。マッサージ後は普通にシャンプーしてください。

何と! まつ毛のケアにも使える!

栄養たっぷりのグレープシードオイルでまつ毛をケアすれば、アイメイクで傷んだまつ毛も強くキレイなまつ毛に。綿棒にグレープシードオイルを染み込ませ、毛根に擦りこむように染み込ませましょう。時間はかかりますが、根気よく続ければ、強くてフサフサのまつ毛になって、流行りのデカ目も作りやすくなりますよ。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP