ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「あなたは私を超えたのよ」尊敬する母が出産直後の私にくれた言葉は、育児生活の支え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私は一人っ子で、両親から何不自由なく育ててもらいました。

反抗期もなく、両親との仲も産まれてから28年間良好。母とは特に仲良しで、時に先輩後輩のように、時に姉妹のように過ごしてきました。

手先が器用で、私のお洋服を作ってしまうほどにお裁縫も上手、私の友人たちとも仲良くしてくれ、私の趣味も一緒に楽しんでくれ、そして怒るとものすごく厄介、でも基本的にはとてもチャーミング、そんな母がずっと自慢でした。

私は母にずっとべったりで、28歳にもなるというのに、そのスタイルは未だに変わっていません。そして、私の人生の目標であり道標は、いつの時も母でした。

そんな私も、親元を離れなんとか他県で生活し、人生の伴侶と出会い、お腹に子供を授かりました。

母との話題も、自然と子供にまつわることが増え、私の産まれたときのことを聞く機会も多くなりました。そこで私は、今まで知らなかった母の苦労を改めて知ることになります。

帝王切開で私を産んだので、お腹に砂袋を乗せられて何日も動けなかったこと。

産後2ヶ月にもならないうちから職場復帰をし、仕事と育児を両立させていたこと。

身体の弱かった私の看病を夜通ししてくれていたこと。

とにかく毎日が必死だったこと。

文字では表せないほどに、当時の母がどれだけ全力で私を育ててくれ、そして家庭と仕事を完璧にこなそうとしていたかが伝わってきました。

私はそんな母の苦労を知りもせずに、わがままをたくさん言い、たくさん困らせたであろうことを反省し、そして、呑気に大学まで出させてもらっていたことに改めて感謝しました。

そしてまた私は思ったのです。

「母には到底かなわないなぁ、私も母みたいな母になれるのだろうか」と。 関連記事:私は母から愛されていないと思ってた…。自分の出産によって初めて知った実母の本当の思い

そうこうしているうちに、私にもついに出産の時がきました。

里帰りをしていてのんびりと過ごしていた予定日5日前のお昼。

トイレに行った際に下着がほんの少し汚れているのに気付き、「これが噂のおしるしか!」と妙にテンションが上がり、病院より先に母に連絡を入れました。

仕事中だった母に電話をしている最中に、尿漏れのような感覚があり確かめてみると、なんと破水!

おしるしと破水が同時にくるパターンは予想だにしていなかったので、仕事を早退してくれた母と慌てて病院へ向かい、そのまま入院。

その日の夜中に陣痛が始まりました。

間隔が短くなってきたので、夫と母を呼び、長い陣痛との戦いをサポートしてもらいました。

2人で交互に、ひたすら唸り暴言を吐く私の背中や腰を撫でてくれ、休むことなく付き合ってくれました。

夜が明けて、いよいよ分娩室に移動。

当初は、夫も立ち会う予定ではなく、ましてや母も立ち会う予定ではなかったはずなのに、助産師さんが立会いを勧めているのが聞こえます。

痛くて早く産んでしまいたい私は、どっちでもいいから早くしてくれと、懇願。

気づけば枕元に夫、少し離れていつの間にかしっかりとビデオカメラを握った母を確認しました。

母は立ち会う気満々だったのではないかと、それどころではないはずなのに笑ってしまいそうになりました。

それから数十分後、ついに我が子との対面。

正直なところ、産んですぐはとても冷静で

やっと出てきた!君がお腹に入っていたのか!

が、初めて我が子を見た感想でした。

そして初めて触れた時に、やっと感動が追いついてきて、涙が出たのを覚えています。

そんな中、横で

「頑張ったねー!ちゃんと勇姿を収めたからねー!」

とはしゃぐ母と、夫を見て、立会ってもらって本当によかったと思いました。

その後、産後2日目から母子同室になり、慣れない赤ちゃんとの生活と、赤ちゃんが息をしているかと心配で眠れない疲れとでへとへとに。

そんな中、母は毎日仕事帰りに病院へ来てくれ、話し相手になってくれていました。

今ですらこんなにきつくて大変なのに、この先まともにやっていけるのか、

初期段階でこんなに余裕がなくなっている私が、きちんと母親になれるのか、

そして母みたいにかっこよくて素敵な母親になれるのか。

出産して間もないくせに、こんな弱音ばかりを吐いていたところ、母が私に言いました。

「あんたは私が出来なかった自然分娩を体験した。痛かった時間を乗り越えられた。

私が体験してないことを体験したんだよ。

それだけでも私を超えたってことじゃないの」

涙が溢れました。

母も帝王切開で決して楽な出産、産後ではなかったはず。忙しくて弱音を吐く暇もなかったはず。

それなのに、産後すぐにこんな風になっている弱い私を認め、励ましてくれました。

その言葉に救われ、私もきっと母のような母親になれると自信を取り戻させてくれました。

「見てごらん、お母さん泣いてるよ。泣き虫だねえ」

と、私の子に優しく語りかける母を見て、私が産まれた時もこんな風に私に話しかけていたんだな、とか、この人の子に産まれて私は本当に幸せ者だと涙が止まりませんでした。

それと同時に、我が子にもそう思ってもらえるような母親になろうと、決心しました。 関連記事:心地よくて安心する「ママの手」。子どもの頃にしてもらったこと、娘にもしてあげたい

それからというもの、赤ちゃんのお世話にも慣れ、順調に毎日楽しく生活をしています。

大変な事も多く、挫けそうになることもありますが、その度に母からもらった『私超え』認定を思い出し、自分を奮い立たせています。

かっこいい母の背中を見て育った私が、今度は我が子にその姿を見せる番です。

いつか、「お母さんみたいになりたいな」と言ってくれる日を夢見て。

ちなみに母は、立派な【親バカ】ならぬ【孫バカ】になっております。

著者:にお

九州在住、現在育休中の新米ママ。

イクメンな夫に支えられ、日々おもしろおかしく子育てに奮闘中。

息子は非常によく寝てよく飲みよく笑うお利口さん。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「ママ頑張れ!」4歳の息子も立ち会った出産。家族みんなで新しい命を迎えることができました
立会いに否定的だった夫。でもつわりの苦しみやエコーを見て『見届ける覚悟を決めた』
37w4d 6時間半の初産報告

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP