ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

25年続くサザエさんのじゃんけん 一番多い手はチョキ417回

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アニメ『サザエさん』のエンディングで、サザエさんがジャンケンを始めてから今年で25年。サザエさんが、「来週もまた見て下さいね。ジャンケン、ポンッ!」と言いながら、視聴者と“勝負”をするシーンは今やおなじみだ。

 最近は声優の相次ぐ交代や視聴率の低下などが話題になるが、「ジャンケン」への変更も当時の一大ニュースだった。
 
「1991年10月20日放送のエンディングで事件は起きました。前週までは豆を飲み込んで喉につかえてしまうサザエさんの姿がおなじみだったのですが、その日の最後に何の前触れもなく、サザエさんがジャンケンを始めてきたのです」
 
 そう語るのはシステムエンジニアの高木啓之さん(48歳)。25年間、毎回欠かさずサザエさんと勝負を繰り広げ、彼女がどの「手」を出すのか分析・研究している。勝負の結果は自ら立ち上げたホームページ「サザエさんじゃんけん研究所公式ウェブサイト」で発表。5年前からは、予想する手をオンエア前に発表するツイッターも始めた。
 
「1991年11月10日のオンエアから勝敗データをとり続けています。25年の私の通算記録は519勝226敗304引き分け。これまでに出た手で一番多いのはチョキで437回。出す確率としては34.6%です。それからパーが417回(33.0%)、グーが408回(32.3%)と続きます。つまり、わずかですが視聴者はグーを出せば勝てる確率が一番高いと言えます。もっとも、どの手が出る確率も30%台前半なので、必勝法はないと言えますし、チョキが多いことにも私からすれば誤差の範囲内かと」(高木さん・以下「」内同・データはいずれも2016年11月13日オンエア分まで)

◆『27時間テレビ』ではチョキが連続の現象

 また特定の条件によってはチョキが連続している現象が起きているという。

「例えば『FNS27時間テレビ』では1996年以降、『サザエさん』の特別版が放送されていますが、その日に限り、2003年と2008年を除いて毎年チョキが出ているのです。それから現在まで8年連続してチョキを出しています」
  

 高木さんの週末の過ごし方は一貫している。日曜夕方の放送前までに、サザエさんが何を出すか、過去の膨大なデータから最も確率の高い「手」を予想。パターンをプログラミングした自作のソフトを使って抽出しているという。日曜はテレビの前で、サザエさんと勝負。外出していた場合はスマートフォンによるワンセグで視聴。万が一リアルタイムで見られなかったときは、録画してあるものを帰宅後に見て勝負する。
 
 高木さんにとって今や「趣味」となっているジャンケン。そもそも、興味を持つようになったのはなぜなのか。アニメの放送スタートとほぼ同じ頃に生まれ、『サザエさん』を見るのが生活の一部だったという高木さん。今から26年前、『サザエさん』についての話を誰かと共有しようと、当時「パソコン通信」と呼ばれたネットの掲示板で、同じような「サザエさん好き」とやり取りしていた。

 だが、冒頭に紹介した事件が起きてからというもの、「パソコン通信」の仲間たちとジャンケンの勝敗を競うように。だが最初は白熱していた「ジャンケンバトル」もやがて収束に向かい、一人またひとりとジャンケンをしなくなっていった。しかし高木さんだけは続けた。「もともと自分が星取表をつける係をしていたんです。手元にそうしたデータが残っていたこともあり、そのまま1人でやり続けてみようと」

◆「父親がサンタだとバレる」と批判されたことも

 以来25年。「『サザエさん』にもさまざまな出来事があった」と振り返る。原作者・長谷川町子さんの死去(1992年)、原作コミックを出版していた姉妹社の廃業(1993年)。また、1989年の1月8日に放送される予定だったアニメ1000回記念スペシャルの放送が、前日に昭和天皇が崩御し報道特別番組と重なったため中止となったこともあった。
 
「また2000年12月24日に放送された、マスオがタラちゃんのクリスマスプレゼントをどうやって渡そうか悩むというストーリーに対し、『子供がこれを見ていたら父親がサンタだとバレる』といった批判が殺到。それ以降サンタにまつわるエピソードはあっても、『父親がサンタを演じる』といった傾向の話はなくなりました」 
 
 25年間で声優も何人か交代した。1998年にはカツオの声がバトンタッチ(それまで18年間カツオの声を務めてきた高橋和枝から現在の冨永みーなへ)、ワカメ役も2005年からは変わり(野村道子から津村まことに)、また最近では2014年に波平、2015年に舟役が相次いで入れ替わった(波平は永井一郎から茶風林に、舟は麻生美代子から寺内よりえに)。

◆「演じる人が変わってもジャンケン続けてほしい」

 それについて高木さんは「世代交代は仕方ない。変わったら受け入れるしかありません。視聴者の中には『声が代わって違和感がある』という方もいますが、それは見たり見なかったりを繰り返しているからだと思います。毎週見続けていれば新しいイメージが早く上書きされますが、見続けないと古いイメージが上書きされず、違和感が残ったままなのです」と語る。
 
 また視聴率の低迷に関しては、「誰でもスマホでテレビが見られる時代に、一家にテレビが一台しかないなど、生活様式が変わらないことに加え、家族構成が、核家族が主流となった今の日本では珍しい形になっていることも影響があるのでは」と推測する。
 
 ちなみに今のところ放送開始から声が代わっていないのはサザエさんとタラちゃんだけだが、サザエ役の加藤みどりはこの11月15日で77歳になった(タラちゃん役の貴家 堂子は現在75歳)。

「演じている人が変わっても、じゃんけんをいつまでも続けてほしいと思っています。もし終わってしまうと、唯一の趣味が強制的に継続不可能になってしまいますから」
 
 日曜夕方の勝負師はこれからも戦い続ける。(芸能ライター・飯山みつる)

【関連記事】
韓国では「サザエさん韓国人説」が流布し真に受けている人も
サザエさんは元出版社勤務でタラちゃんは女の子説あり
タラちゃんに妹がいた! 幻の「ヒトデちゃん」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。