ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

補聴器市場の6割占める「耳かけ型」 小型化進み重量1~2g

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつての補聴器は使いにくさを訴える人が多かったが、最先端の補聴器はストレスを減らす工夫がこらされている。その上、オシャレなデザインで見た目にこだわったものも増えている。

「補聴器には『耳穴型』、『耳かけ型』、『ポケット型』、『骨伝導型』の4つのタイプがあり、補聴器店で聞こえにくい周波数帯や音を測定して難聴の度合いを確認したうえで、好みで選んでもらいます」

 そう語るのは、リオネットセンター大宮店の認定補聴器技能者、福澤理さんだ。目立ちにくいという点では耳穴型に軍配があがるが、同型は電池交換や装着そのものに不便を感じることも少なくない。

 現在、市場の約6割を占めるのは「耳かけ型」だ。小型化が進み「重量1~2グラムの、装着していてもほとんど気づかれない超小型が増えてきた」(福澤さん)という。

 居酒屋などガヤガヤした場所で使用する場合、通常の補聴器は雑音など全ての音を拾ってしまう。それゆえに、聞きたい音以外のノイズになやまされ、頭痛や耳鳴りを訴える人が多かった。

 たとえば、「オーティコン オープン」(オーティコン補聴器)は補聴器でありながらコンピューターさながらのCPUを搭載。周囲360度の音の状態を毎秒100回以上分析することで、ユーザーが聞きたい音声とノイズを区分することができる。まさにスマート(賢い)補聴器である。

 賢さはこれだけに留まらない。「オーティコン オープン」はiPhoneなどスマホと無線で繋がる。これにより、補聴器を取り外さなくても、音量調節などの操作がスマホからできたり、紛失した補聴器をスマホで見つけ出すことができる。メールの受信を知らせる機能もある。

 ポケット型は比較的値段も手ごろで、胸ポケットに入れればラジオでも聴いているかのような扱いやすさで初心者向けといえるが、ノイズが入りやすいなどデメリットも大きい。

「ホワイトイヤー」(ラージ)は、本体は胸ポケットなどに入れておき、オーディオ機器のようにイヤホンを繋いで使用する。耳栓型のイヤホンが苦手な場合は大型ヘッドホンを使うこともできる。マイク端子をテレビに繋げば周りの音を妨げることなくテレビの音声だけを明瞭に聞くことも可能だ。また、騒がしい場所では専用のマイクを接続すれば会話したい人だけの声を拾うこともできる。

 耳たぶ裏の頭蓋骨から音を響かせる骨伝導型は、「装着が最も容易で扱いやすいが、加齢に伴って骨伝導の機能も衰えるので注意が必要」(同前)という。

「F229D」(スターキージャパン)は、耳の後ろにある「乳様突起」という骨に直接振動を伝えて音を伝達する、メガネの形をした「骨伝導型補聴器」。つるの部分にボリューム調整などのスイッチを配置しており、簡単に操作ができる。通常のメガネと同様に度の入ったレンズを入れることもできる。

 耳穴型の「アルタ プロIIC」(オーティコン補聴器))は耳の奥に挿入する「耳穴型補聴器」で、外からはほとんど付けていることがわからない。取り出す時には本体に取り付けられたひもで引っ張り出す。無線通信機能を搭載しているため、取り外さなくても専用のコントローラーで音質や音量の調整が可能である。

※週刊ポスト2016年11月25日号

【関連記事】
被災地訪問続く両陛下 ひと言も聞き漏らさぬよう補聴器使用
【キャラビズム】携帯電話はスマートになった、人間は?
田中美奈子がボディコン美脚、哀川翔が長ラン姿を猫と披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。