ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゆるキャラ 新世代はキモくて可愛いハイブリッド型

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブームは過ぎた、リストラが進行しているなど、最近ではネガティブなニュースが目立つゆるキャラ、ご当地キャラたち。現実に、2010年から毎年、開催されている「ゆるキャラグランプリ」では、第7回の今年、初めてエントリー数が前年より減少した。しかし、「マーケットそのものは大きくなっています」とキャラクター研究家の犬山秋彦さんは言う。

「2011年にキャラクター関連グッズ売り上げが億単位だったのは、その年のゆるキャラグランプリで1位になったくまモンの約25億円だけでした。ところが今は、くまモン以外にも続々と億を稼ぐキャラクターが登場しています。少なく見積もっても5年で10倍以上になっているので、ブームは過ぎたかもしれないが、マーケットとして定着したといえます」

 ではなぜ、ゆるキャラ、ご当地キャラの世界が盛り下がっているような印象を与える話が続くのか。

「キャラクターが登場するイベント数そのものが増えているので、お客さんが分散しています。それぞれのイベントはお客さんが来て盛り上がっていても、極端に大勢の人が詰めかけて話題になる、ということがなくなりました。それに応じてテレビなどへの露出が全体として減っているので、それほど興味がない人には縮小しているように感じるのかもしれません」

 それにしても、キャラクターのリストラが目立つのはどうしてだろう。

「くまモンブームでご当地キャラに注目が集まったのをみて触発され、公共施設を建設することがゴールである箱物行政と同じ感覚でキャラクターを誕生させる例がとても多かったからです。キャラクターを設定して着ぐるみを作ることがゴールで、どんな活動をしてゆくのかといった内容がきちんとしていなかった。そういうキャラクターが淘汰されてきたので、グランプリのエントリー数そのものが減ったのだと思われます」(前出・犬山さん)

 ブーム初期のような派手さはないが、成熟してきたともいえるキャラクターの世界。トップクラスの人気者となるキャラクターと、それら以外ではどんな差があるのか。

「全国区の人気を得られるキャラクターは、やはり才能が突出していて誕生から1、2年でその地位に駆け上がります。最近増えているのは、地元密着で活動を続け、その地域での知名度と人気は抜群だが、全国区ではあまり知られていないキャラクターたちです。地元のイベントへこまめに出演するなど、大半はコツコツ地道な活動を続けているんですよ」(前出・犬山さん)

 最近の傾向として顕著なのは、見た目はカワイイのに、SNSでは一癖あるタイプのキャラクターたちだ。

「ゆるキャラ、ご当地キャラのコアターゲットは30~50代です。大人に人気が出たほうがグッズが売れ、イベントでも人が集まりやすくなります。また、個性を出さないとファンがつかないこともあって、一時はメロン熊やにしこくん、ずーしーほっきーなど、気持ち悪いような見た目のキモカワ系キャラクターが増えたこともありました。でも、キモカワ系だと受け入れられる人が限られます。そのため、メロン熊も穏やかなバージョンをつくって使い分けるようにななったのではないでしょうか。

 今では第一印象はあくまでカワイイ、でも中味はエッジが効いている、かわいさとキモキャラのハイブリッドキャラクターが増えています。しんじょう君のブログやSNSなどは典型的ですし、北海道で人気のジンギスカンのジンくんもそうですね」(前出・犬山さん)

 しんじょう君のブログをみると、歌手の大森靖子やアニメなどの話題をそれとなくちりばめたり、ふるさと納税の宣伝ブログ記事では、有名テレビ番組を大胆な解釈でパロディにしている。ジンギスカンのジンくんは、ジンギスカン鍋をかぶった羊の姿はとても愛らしいが、自分が食べられる鍋をかぶっているので、少し考えるとシュールな出で立ちだ。どちらも、子どもより大人が喜びそうな内容だ。

 地域密着型やSNSの使い方など、まるでアイドルのように多種多様な個性を抱えるキャラクターの世界だが、決定的な違いがある。

「アイドルは何年か活動すると卒業したり引退したりする人が多いですが、キャラクターの場合は、人気が定着するとずっと活動し続けるので世代交代がありません。長く活動を続けるほど人気が伸びてゆく面もあるので、長く愛されるジャンルとしてゆるキャラ、ご当地キャラの世界は続いてゆくでしょう」(前出・犬山さん)

 アイドルのようにスキャンダルに見舞われる可能性が低いのも、ファンにとっては安心して応援できる対象なのかもしれない。

【関連記事】
サンリオ総選挙の得票数は255万以上 1位はマイメロディ
兵庫のゆるキャラ 御法度の「ファスナー開き」目撃情報多数
リラックマやカピバラさん限定品求め100人以上並び半数男性

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP