ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気の鎌倉 その内部で繰り広げられるマウンティング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 故・原節子さん(享年95)をはじめとして、多くの文化人が「終の住処」として選んだ神奈川県鎌倉市。赤い鳥居の『鶴岡八幡宮』や『高徳院』の大仏様、あじさいが美しい『長谷寺』など、京都とはまた違った古きよき日本を感じられる唯一無二の街ともいえよう。

 そんな厳かな響きがある一方で、新しい風も感じられる。たとえば、2008年鎌倉市七里ガ浜にオープンした『bills』。オーストラリア発のこの店が、昨今の「朝食」「パンケーキ」ブームを巻き起こした。

「鎌倉といえば、雪ノ下エリアがいちばんだね。その辺は養老孟司さん(79才)や辰巳芳子さん(91才)ら、そうそうたる顔ぶれが住む、泣く子も黙る高級住宅街ですよ」

 鎌倉市民がそう話すように、地元住民ならば一度は憧れるというのが雪ノ下。駅前の小町通りを抜け、『鶴岡八幡宮』の傍にある『旭屋本店』は、漫画『海街diary』にも登場した豆大福が大人気。1905年の創業から数えて4代目となる同店女将の石井純子さんが誇らしげに話す。

「東京に近いのに、海も山も、有名な神社仏閣もたくさんある。観光客が多いのに道が狭いと言われるけれど、もともとここは源頼朝さんが敵に攻められないよう、馬が通りにくいように、わざと狭くつくった道。その不便さもあえて変えないところに、鎌倉の歴史を感じるのです」

 由比ガ浜や七里ガ浜などに、新しい店ができて発展していくことに対しては「何とも思わない」そう。

「鎌倉に代々住んで、家族で店を継いでいくことに誇りを持っているので、他の地域から憧れて越してこられるかたはお客さんというイメージですね」(石井さん)

「雪ノ下」から徒歩15分。同じく高級住宅地であり、かつて小津安二郎(享年60)も住んでいた北鎌倉住民の中には、「七里ガ浜って、潮風のせいでいろんなところがサビついている場所ですよね」と上から目線で話す人もいる。

「でも今は、芸能人のかたが住んでいたり、お店がテレビで紹介されたりして、勘違いしたんですかねぇ…。どうも七里ガ浜がステータスの高いところと思ってしまっているようで、私たちからしてみれば失笑ものです」(北鎌倉住民)

 しかし、こういった冷ややかな視線にも由比ガ浜や七里ガ浜の住人たちはどこ吹く風。

「昔がどうとか、関係なくここはいいとこですよ。海が近いから眺めが最高だし、桑田佳祐(60才)の大ファンだから、近くに『サザン通り』があるのも誇らしいです。ただ、この辺は別荘族が多いから、鎌倉に憧れて東京から越してきてこのあたりに住み始めるサラリーマンを見ると、“大丈夫かな”“なじめるかなぁ”なんて心配しちゃうんです」

 移住しなくとも、この地には連日日本中から多くの人がやって来る。東京だと品川から横須賀線で約1時間半。決して近いとはいえないのに…。

『最後から二番目の恋』(フジテレビ系)のカフェのモデルとして一躍有名になった古民家カフェ『cafe坂の下』の店長・浅田麻由さんが証言する。

「ドラマのファンのかたは今でも多く来てくださっています。あのドラマに出た役者さんは全員ここに来たことがありますから。小泉さんが座った椅子に座りたいといったリクエストもありますね。その他の芸能人のかたも、プライベートで時々いらっしゃいますよ」

 客足が途絶えない理由を、浅田さんはこう考えている。

「やっぱり、この土地がすごくいいということの証明ではないでしょうか。田舎すぎず都会すぎないし、空気もきれいで景色もきれい。ただ、物価は高いですが…」

 終始誇らしげだった由比ガ浜・七里ガ浜住民たちの顔を唯一曇らせたのが「物価」。コーヒー1杯で安くて600円。「軽くランチを」と思っても1人2000円ならば安い方だ。七里ガ浜の飲食店の中には、「実はこのあたりの食材は高いから仕方なくこっそり大船で買ってるんです…」と告白する経営者もいた。

「そう、大船は鎌倉市民にとって見下しの対象、『仕方なくこっそり』行く場所です」
 
 顔を曇らせながら、そう話すのは、北鎌倉よりさらに山側に位置する大船住民。

「七里ガ浜在住のママ友のFacebookを見たら、大船のことを『鎌倉にこんなところがあったのか』と書いていたんです。

 大船は田舎でダメダメな存在。“昔、闇市があったところでしょ?”なんて言われたこともあります。だから、鎌倉市民同士で住所の話になると、いつもビクビクしてます」(ある大船住民)

「物価が安い」と大船に買いに来るくせに、「闇市」とばかにする。ここでもまた鎌倉市民同士の歪んだ格付けが行われていた。

 そんなふうに内部でどっちが上か下か互いにマウンティングを続ける鎌倉市民を、お隣の藤沢市から高みの見物を決め込む男がいる。藤沢市出身の競泳選手で、ロンドン五輪銅メダリストの立石諒選手(27才)だ。

「藤沢から見ると、小町通りとか雪ノ下の方は、駅前はにぎやかで栄えているけれど、一本奥に入ると意外と住宅街が多いな、という印象があります。ビーチも藤沢市は江の島があるから、由比ガ浜や七里ガ浜より勝ってるぞ、と密かに思っています。実際、若者は七里ガ浜よりも江ノ島に遊びに来ている人が多い。もしかしたら、鎌倉より藤沢の方が交通アクセスが断然いいのが理由かもしれません。ただ、ぼくは競泳選手なので、海で泳ぐことはないのですが…(笑い)」

 そうは言いつつも、「もちろん藤沢に住んでいたら、鎌倉の歴史は習いますし、鎌倉もいいな、というのはありますよ」と鎌倉への憧憬もチラリ。

「だから、争うというよりは、老舗の店に行きたいと思ったら鎌倉に行こうとか、若者向けの店で新しいものを食べたいなら藤沢に来ればいいじゃない、とか持ちつ持たれつの関係でいいんじゃないの?と思います」(立石選手)

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
小泉今日子・中井貴一がドラマでさぼった店のしゃぶしゃぶ
抹茶アイス堪能オバマと胡錦濤との会談でカンペ棒読み菅直人
まだまだ続く朝食ブーム パンケーキの次の注目メニューは?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP