ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜ赤ちゃんは夜泣きをするの?ママパパが知っておきたい夜泣きの意味

  • ガジェット通信を≫

なぜ赤ちゃんは夜泣きをするの?ママパパが知っておきたい夜泣きの意味
赤ちゃんの
夜泣きには個人差があり、早ければ生後3カ月から夜泣きをする赤ちゃんもいます。 その一方で全く夜泣きをしない赤ちゃんもいます。 今回は赤ちゃんの夜泣きの原因と対策をまとめてみました。

要チェック項目

□夜突然泣くものでも、原因が不明なものを夜泣きという □夜泣きの原因は月齢毎に異なる □夜泣きと似たものに夜驚症(やきょうしょう)のがある

夜泣きはどの様な状態の事を言うの?

夜泣きは赤ちゃんが夜突然目を覚まし、激しく泣き始めることを指します。また、一般的には何が原因で泣いているのか不明である場合をいうようです。 夜泣きは個人差がありますが、生後6か月~1歳前後まで多く見られるようです。夜泣きが早い子では生後3カ月から、夜泣きが終わるのが遅い子では2歳~3歳まで続くケースがあるようです。 また、夜泣きは月齢別にみても原因が違うことがあるようです。これは、睡眠サイクルや成長の過程によるものとされています。

夜泣きの起こる原因

では月齢別にみた場合、原因がどのように違うのか見ていきましょう。

生後3~4カ月での夜泣き

生後3~4カ月の赤ちゃんはまだ体内時計が未発達です。そのため、昼と夜の区別がつきません。短いサイクルで寝る、起きて泣くを繰り返すため夜泣きが起こると考えられます。

生後5カ月~6カ月での夜泣き

生後5カ月~6カ月の赤ちゃんは脳の著しい成長過程にあります。この頃の赤ちゃんは、寝ている間に起きているときに受けた情報を追体験しています。追体験をすることにより脳の中で情報を処理していきます。 夜泣きは起きている時に得た情報の刺激が強すぎる際に起こると考えられます。

1歳前後での夜泣き

1歳前後でも生後5カ月~6カ月の時と同様に昼間に得た情報の刺激が強すぎて夜泣きが起こるケースがあります。 また、この時期になると寝かしつける際の授乳を卒乳・断乳することで夜泣きが減ることもあるようです。

2歳以降の夜泣き

2歳位の子どもはママが構ってくれないという不満や、生活習慣の乱れで夜泣きが起こりやすいです。2歳以降の子どももこれまで同様に、昼間の事を思い出して夜泣きをすることがあります。 このように月齢別でみると、特に生後3~4か月、2歳以降での夜泣きで大きく原因が変わることが分かります。 どの月齢でも、赤ちゃんの眠りは大人の眠りと比較し浅く、浅い眠りから深い眠りに変わる際に目を覚ましやすいです。 その際に夜泣きをしてしまうことがあります。睡眠が大人と同様のものに近づくのは5歳頃と言われており、それまでは夜泣きが起こる可能性はあります。

今日から始める赤ちゃんの夜泣き対策

では、夜泣きはどう対応していけば良いのでしょうか。いくつか見ていきましょう。

生活リズムを一定に

まずは赤ちゃんの生活リズムを一定にしてあげることが大事です。以下の項目は気を付けてみてください。 ・午前7時ごろまでには赤ちゃんを起こし、太陽の光をしっかり浴びせる ・昼間は外を散歩する、公園で遊ぶ等適度な運動をする ・入浴は1~2分程度湯船につかりしっかり体を温める ・20時までには布団に入る このように正しい生活リズムを毎日保ってあげてください。寝る30分前位から部屋の電気は消す、赤ちゃんとスキンシップをとるといったことも寝つきをよくするために大事です。

就寝前にはブルーライトを浴びない

大人でも就寝前にブルーライトを浴びると寝つきが浅くなります。子どもの場合は特に眠りが浅いため、ブルーライトの影響が大きいです。 就寝1時間前程度からはテレビ、スマホ・タブレット機器の使用は控えるようにしましょう。

寝る前の儀式を作る

寝る前に毎日同じことを行うことで、赤ちゃんに寝る時間を体で覚えてもらう効果があります。赤ちゃんがリラックスできるようなことを行うと良いでしょう。 以下のようなことをどれか試してみてください。 ・子守歌をきかせる ・絵本を読み聞かせる ・リラックスできる音楽を聴かせる

赤ちゃんの夜泣きへの心構え

個人差があり、早い子遅い子はいますが、夜泣きは必ず終わりが来ます。赤ちゃんの夜泣きが始まる上で心に留めておいてほしいことをまとめました。

ママが原因のケースは少ない

2歳以降になると、もっと構ってほしいといった感情で夜泣きすることもありますが、1歳前後の赤ちゃんの場合、夜泣きとママの接し方はあまり関係がありません。 夜泣きはどの赤ちゃんでも起こりうる生理現象なので、仕方ないことだと割り切りましょう。

近所へあらかじめ声をかけておく

予め近所の方へ夜泣きが始まるという旨を知らせておくと、気持ちの面で少し楽になれるかもしれません。近所に迷惑が掛かっていないかと考えストレスを感じる前に、早めに声をかけておきましょう。

夜泣きで自分が寝れないなら休息を

赤ちゃんの夜泣きで自分が寝れないということもあるかもしれません。そのような時は、昼間に昼寝なので自分もきちんと休息をとるようにしましょう。 育児は体力が必要です。無理はしないようにしましょう。

もしかして夜泣きじゃない場合も?

夜泣きかと思っていたら全く違うものだったということも稀にあります。夜泣きとよく似ている夜驚症(やきょうしょう)という睡眠障害があります。 夜驚症は、主に4~5歳以上幼児に発症する疾患です。夜驚症は深い眠りの最中、突然目を覚ましパニック状態になり泣き叫びます。 夜泣きとの違いは、心拍数の増加、汗を大量にかく、呼吸が速くなるといった症状が現れやすいということです。 夜驚症は恐怖が原因で起こることが多いようです。子どもが何か怖いと言ってるものに心当たりはないでしょうか。怖いと思っているものを取り除くようにしてあげると夜驚症も改善されることがあるようです。

夜泣きは成長の証拠

いかがでしたでしょうか。 夜泣きが始まったら夜が辛い時期が続くと思います。しかし、夜泣きは子どもが成長をしている証拠でもあります。 夜泣きは誰にでも起こる仕方ないものだと割り切り、育児での疲れは適度に解消していきましょう。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

【医師に聞く】育児ノイローゼの原因と対策!
ママにかまってほしい…「赤ちゃん返り」って?原因と4つの対処法とは
症状の改善が早まることも?小児が風邪をひいたら【漢方】が良い?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。