ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

耳の掃除はしなくてもいいってホント?正しい頻度は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

耳の掃除はしなくてもいいってホント?正しい頻度は?

耳の掃除が大好き!という方は結構いらっしゃるでしょう。耳かきや綿棒で耳をかいていると心地よくなるので、つい毎日、気がつけばやってしまいたくなるものです。しかし耳はとっても繊細な器官。耳の掃除のしすぎで問題が起きる場合も多いようです。

耳の掃除が気持ち良いのはなぜ?

耳を掃除すると気持ち良く感じるのには理由があります。耳には快感を感じる迷走神経がたくさん通っています。だから耳かきなどで迷走神経を刺激すると心地よくなるのです。なかには迷走神経を刺激すると反射的に眠くなったり、咳が出る方もいるそうです。

耳の掃除はしなくてもいいんです!

耳は外耳、中耳、内耳の三つの部分に分かれています。耳の一番外側から鼓膜までを外耳といい、耳垢(みみあか)が溜まるのはこの部分です。でも実際耳垢が溜まるのは耳の入り口から1cmの部分だけ。なぜなら耳垢腺が存在するのは入り口から1cmまでであり、耳垢腺から分泌される液によって、小さな垢が固められて大きな「耳垢」となり溜まるからです。

耳垢という名前からは、まるで「ゴミ」のようなイメージを与えてしまいますが、実は耳垢には大事な役割があります。外部から異物が入って傷つきやすい外耳の皮膚の表面を保護し、また細菌を溶かし繁殖を防ぐ役割も果たします。耳にとってなくてはならないものなのです。

耳の掃除のしすぎで起こる病気

本来、耳の掃除は不要です。耳には自己浄化作用があり、不要になった耳垢は外へと押し出されていき、自然に排出されるからです。どうしても耳の掃除をしたいという方は耳垢のできる部分のみ、入り口から1cmまでを行うようにしましょう。目に見える場所のみ、耳垢を耳かきでそっとかき出し、粘着性のある耳垢は綿棒で軽くぬぐうようにしましょう。

耳垢を放っておいても問題はなく、むしろ耳の掃除のしすぎが問題を起こすことの方が多いようです。よくあるのは、耳垢を耳の奥に押し込んでしまうことです。耳垢が奥に入ってしまうとそのまま排出されなくなります。耳が聞こえにくくなり詰まった感じがしたり、耳鳴りなどが起こることもあります。他に耳の掃除で起こりやすいのは、外耳炎と呼ばれる皮膚の炎症や湿疹です。痛みやかゆみが出ますが、かゆみがある場合は耳かきでかくと余計にかゆくなり、耳垢が異常に増えるようになります。

いずれの場合も、自分で奥に入った耳垢を取ろうとしたり、市販のクリームなどを塗るのではなく、耳鼻咽喉科を受診して専門医に診てもらいましょう。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。