ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エコでコアな美容法。あなたも鎧ちゃんになっていませんか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エコでコアな美容法。あなたも鎧ちゃんになっていませんか

さまざまな視点から見る「根源美容」

エコでコアな根源美容。あなたも鎧ちゃんになっていませんか

今回のコラムのテーマは「根源美容」です。
私のスクールでお教えしている美容技術は、メイクやフェイシャルエステなどのさらに深いところへアプローチする、根源からの美容です。
そのため、化粧のりやエステの美容効果の底上げも可能です。
そして、今日はちょっと視点を変えたお話ですが、これもテーマは根源美容。
私の経験から学び得たことですが、みなさまの参考になればうれしいです。

 

キライな人の存在があなたの美を損ねている!?

キライな人の存在があなたの美を損ねている!?

今までお会いしてきたお客様と、何度かこのような会話をしたことがあります。
「左に嫌な人でもいるのですか」と尋ねると、「左のデスクに嫌味な上司がいて毎日ストレスなんです…」とお客様。
さて、どうしてそんなことを尋ねたかと言うと…。
嫌な人がいる片側の身体だけ、顔がまるで鎧のように硬くなっていたからです。すごいですよね、身体って。
そしてこれとセットで出てくるのが、「人を嫌だと思う自分が悪い」とご自分を責める言葉です。
私自身が過去にそうだったのですが、自分の感情を否定し心を制限しようとすると身体が反応し、鎧化してしまうのです。

 

好きなものはスキ!嫌いなものはキライ!それでいいのです

好きなものはスキ!嫌いなものはキライ!それでいいのです

「嫌いなものは嫌い」それでいいのです。
無理に好きになる必要はないし、好きにはなれないと思います。
だからといって、「あなたが嫌いです」と直接本人にいうのは大きな問題になってしまいますよね。
心で嫌いと思っていても、表には出さずにしっかり社会人として対応する…。
これが健全な心の状態なのです。
つまり、表に出す自分と心の状態を同じにしようとする必要はないということ。
ポイントは、人を嫌だと思う自分を許すこと。
それでいいんだと知ると、身体にストレスをかける必要がなくなり鎧が解け始めます。
そして不思議なことに、自分を許すことができるようになると、合わない人はいるとしても、嫌いな人はいなくなったりするものです。
鎧ちゃんはあなたの美を確実に損ねます。
「私は私を許す!」言葉にするだけでも変化があるはず。
ご自分の感情を大切にすることは、美しさに輝きを注ぎます。
ストレスフルな状態の方は、ぜひ「脱・鎧ちゃん」お試しくださいね!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。