体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユニークな裏話&歴史を持つホテル10選

ユニークな裏話&歴史を持つホテル10選

キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。

長い歴史の中で、様々な物語の舞台となってきたような場所。政治家や哲学人、作曲家といった人々が、絶えることなく訪れてきたスポットには、やはりいくつものエピソードが残されているもの。そんな、他とはひと味ちがうストーリーを歩んできたホテルのお話をいくつかご紹介しましょう。

01.
TAJ LAKE PALACE

インド・ウダイプルユニークな裏話&歴史を持つホテル10選

ジェームス・ボンド映画のファンなら、湖に浮いたこの宮殿にすぐピンとくるのでは?『007 オクトパシー』でロジャー・ムーアが、偽物のファベルジェの卵の裏を追ってたどり着くのがここ。

言い換えれば、18世紀に建てられたこの皇族の別荘には、映画の舞台を彷彿とさせるグラマラスな雰囲気が溢れている、というわけです。もちろん、サービスに徹底したタージグループのホテルとあれば、俳優どころか貴族並みのおもてなしが期待できるはず。

詳しくはコチラ

02.
CHICAGO ATHLETIC ASSOCIATION

アメリカ・シカゴユニークな裏話&歴史を持つホテル10選

この厳かなイタリアンゴシック様式の傑作建築は、かつてシカゴのエリート男子が集まる社交の場となっていたのだそう。クリスタルガラス、見事なマーブル模様の大理石に、繊細な木細工。もとからあったそんなディテールを見ただけでも、ニューヨークに拠点を置くインテリアデザイン会社、ローマン・アンド・ウィリアムズが手がけて当然と思える空間です。

メンバーでなくとも立ち入れるようになった今、上質なスコッチを嗜みながら、そのエレガントな雰囲気に身を委ねれば、ビジネスでもプライベートでも、大切な会話がしっかり楽しめそうです。

詳しくはコチラ

03.
HÔTEL DA VINCI

フランス・パリユニークな裏話&歴史を持つホテル10選

まずは、美術史において20世紀最大の犯罪人とも言える、ビンセンツォ・ペルージャの物語から始めましょう。ルーヴル美術館の元職員だった彼は、1911年、あの「モナリザ」の肖像の窃盗に成功。最初の数日は、このホテル内の、今日“アドラチュール(Adorateur)”と呼ばれる部屋に泊まり、隠れていたと言われています。

このホテルの公共スペースには、ヴェネチアンガラスを使ったランプや、ベネチア風カフェ、モザイクで囲まれたプールのデザインはダヴィンチへのオマージュになっていたりと、至る所にイタリアの影響が見られ、クラシカルなインテリアのアイデアを盗み取るのに持ってこいです。

詳しくはコチラ

04.
METROPOLE HOTEL VENICE

イタリア・ベネチアユニークな裏話&歴史を持つホテル10選
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。