ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デキるビジネスマンの気分を味わう5つの方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 勝ち組ビジネスマンになるにはどうすれば良いのか。世にそのハウツーは溢れている。大人流コラムニストの石原壮一郎氏が大人流にまとめてみた。

 * * *
 働く大人の究極の目標は何か。それは「デキる人」になること。本当に「デキる人」になれなくても、周囲からそう見えたら十分です。周囲からそう見えるようになるには、まずは自分が「デキる人」になった気にならなければなりません。

 ここでは、ビジネス社会で日々奮闘している方を対象に、とりあえず「デキるビジネスマン気分」を味わう5つの方法をご紹介します。その先に、周囲から「デキるビジネスマン」として見られる自分や、本当に「デキるビジネスマン」になっている自分をイメージしつつ、ぜひ実践してみてください。

「デキるビジネスマン気分」を味わう5つの方法

その1 上司や会社の悪口に精を出す
その2 「近ごろの若者」を批判する
その3 ビジネス書の受け売りをする
その4 武勇伝を盛り気味に披露する
その5 「大物」との関係を自慢する

●その1 上司や会社の悪口に精を出す

「デキるビジネスマン気分」を味わう上で効果的なのは、責任転嫁です。自分が売り上げを伸ばせないのも、いい企画を出せないのも、後輩に慕われないのも、すべて上司や会社のせいにしてしまいましょう。このノウハウを実践してみようと思うあなたは、責任転嫁する理屈を見つける能力には長けているはず。しかも、周囲には共感してくれる“同類”がたくさんいるに違いありません。そういう“同類”以外からは、いかにもダメな人っぽく見えるかもしれませんが、壮大な目標に向かってひるまずがんばってください。

●その2 「近ごろの若者」を批判する

「デキるビジネスマン気分」を盛り上げる上で、格好の踏み台になってくれるのは「近ごろの若者」です。なんせこっちは経験だけは長いので、経験が浅い彼らのアラはいくらでも見つけられます。「自分が若いころはどうだったか」とか「むしろ負けている部分も多いのではないか」なんて考える必要はありません。どんどん批判し、どんどん嘆きましょう。ありがちすぎる絵に描いたような中年の遠吠えですが、そんなことを嬉しそうにやっている自分のみっともなさに気づいてしまわない限り、大きな満足感や快感が得られます。

●その3 ビジネス書の受け売りをする

「デキるビジネスマン気分」をお手軽に覚えさせてくれることこそが、世にあふれているビジネス書の最大の役割と言っていいでしょう。読んでいるあいだだけは「生まれ変わった自分」になれたような気がしますが、たいていの場合は気のせいです。しかし、それはビジネス書のせいではありません。話題のビジネス書をチェックし、折に触れて受け売りのご高説を垂れましょう。聞くほうも「話題についていける自分」を見せたくて、感心しながら話を合わせてくれるので、自分がいっぱしの論客になった錯覚を抱けます。

●その4 武勇伝を盛り気味に披露する

「デキるビジネスマン気分」に浸りたかったら、武勇伝を披露するのがいちばんです。いちおう長くビジネスマンをやっていれば、まぐれで契約を取ったとか上司にホメられたとか女性社員とハズミで……とか、武勇伝のひとつやふたつはあるはず。客観的に見て、それが武勇伝と言えるほどのことかどうかは関係ありません。必要に応じて大めに盛りつつ、酒の席などで得意気に披露しましょう。聞かされる側も、こういうのはお互い様だと思って、話し半分に聞きつつ「へー、すごいですね」と感心してくれるに違いありません。

●その5 「大物」との関係を自慢する

「デキるビジネスマン気分」を実感しつつ、周囲にも自分がデキる人間であることをアピールしたかったら、いろんな「大物」との関係を自慢しましょう。どこそこの社長とはパーティで名刺交換したことがあるとか、有名人の○○は同じ高校の出身だったとか、どんな細い関係でもかまいません。聞かされた側は「それがどうした」としか思いませんが、自分自身がうっかり「それがどうした」と思いさえしなければ、尊敬や羨望の視線を浴びている気になれます。実際には人間としてのセコさを露呈しているだけだとしても。

 それぞれ裏目に出る可能性はありますが、大きな成果をつかむためにはリスクがあるのは仕方ありません。失いかけている自尊心を取り戻すために、よかったらチャレンジしてみてください。もしかしたら、多くのみなさんがとっくに実践していることばかりかもしれませんが、意味や効果をあらためて考えることで、ますます張り切って取り組めるはず。万が一、急に恥ずかしくなって「うわー、やらないように気を付けよう……」と思ったとしても、それはそれで書いた甲斐があります。

【関連記事】
ビジネスホテルが一泊四千円でやっていける理由を記した書
ビジネス英語の現場では「和文英訳」の悪癖は捨てるべきだ
「1杯無料」と「おかわり無料」は何が違うのかを明かす書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP