ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

料理は科学と語る料理研究家 冬、必ず食べたくなるたらこ飯

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「『料理は科学』が私の信条。子供の頃からよく“実験”していて、たらこご飯を発明したのは中学生の時でした。当時、冬になると北海道から新鮮なたらこがたくさん届いて、これを炊き込んでバターをのせて食べたらどうか…と。ドンピシャでした。焼きたらこと一味違い、おこげもおいしくて。味つけは変えながらも、今も冬になると必ず食べたくなる一品です」

 そう語るのは料理研究家の松田美智子さんだ。知っているようで知らないタラコ。どんなものなのか改めて振り返ってみよう。スケソウダラの卵巣を塩漬けにしたものを「たらこ」という。実はたらこは偶然の産物で、北海道でスケソウダラ漁が始まった明治時代後半、捨てるのに困った卵を塩漬けにして販売してみたら大うけ。

 大ヒット商品になったのがきっかけだといわれる。ちなみに明太子は、このたらこに唐辛子で味つけしたものだ。たらこは栄養の宝庫で、エネルギー代謝を促すビタミンB1、肌や粘膜を保護し、肝臓の働きを活発にするビタミンB2、抗酸化作用に優れ老化を予防するビタミンEなどのビタミン類が豊富で、また、悪玉コレステロールの排出を促し、生活習慣病を予防するタウリンもたっぷり。ただしプリン体も多いため、尿酸値が高い人は注意が必要。塩分やコレステロールも多く含有することから、食べすぎに注意したい。

【保存法】
 たらこは成熟するとひと粒ひと粒が膨らんでくるため、全体の形もふっくらと丸みを帯びる。粒が張って大きく、キラキラ光っているものが新鮮な証拠だ。保存は、ラップしてバットなどに平たく並べて冷蔵庫へ。塩漬けされているとはいえ、乾燥と劣化は進むので、なるべく早く食べ切ること。

【たらこご飯のレシピ】
(1)米2カップはといで10分(新米の場合は5分)浸水し、ざるに上げて15分間水切りをする。
(2)土鍋に(1)を入れてたらこ大1腹をのせ、だし1と2分の1カップ、酒大さじ3、ナンプラー大さじ2~3を加えて炊く。
(3)蒸らし終わったらたらこを崩しながらご飯と合わせる。

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
こんにゃく+三つ葉、豆腐+春菊、トマト+牛肉で美肌効果
肩こりがつらいときに食べたい カレーを使った料理のレシピ
貧血を防ぐビタミンB12  摂取できるのはほっき貝、たらこ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP