体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

《2017年》花粉流行速報!最新の飛散予測とピーク時期を徹底ガイド

《2017年》花粉流行速報!最新の飛散予測とピーク時期を徹底ガイド
2016年10月6日、2017年の春花粉の飛散予測が日本気象協会より発表されました。 毎年
花粉症に悩まされている方も多いと思いますが、一足先に2017年の春花粉の流行傾向を知り、事前に花粉症対策をしっかりとしておきましょう。 また、気になる2016年春花粉の流行の振り返りはもちろん、最新花粉症治療や医師が実際に実践している効果的な花粉症対などもご紹介いたします。

2017年 春花粉の飛散予測と流行傾向

《2017年》花粉流行速報!最新の飛散予測とピーク時期を徹底ガイド 2017年春花粉(スギ・ヒノキなど)の飛散量は関西、四国、九州で2016年の春のシーズンの倍以上の数値が予測されています。

前シーズン比

・北海道:少ない(↘︎) ・東北:少ない(↘︎) ・関東:少ない(↘︎) ・北陸:やや多い(↗︎) ・東海地方:多い(↗︎) ・中国地方:多い(↗︎) ・近畿地方:非常に多い(↑) ・四国地方:非常に多い(↑) ・九州地方:非常に多い(↑) (※前シーズン:2016年)

例年比

・北海道:非常に少ない(↓) ・東北地方:やや少ない(↘︎) ・関東地方:やや少ない(↘︎) ・北陸:例年並み(→) ・東海地方:やや多い(↗︎) ・中国地方:やや多い(↗︎) ・近畿地方:やや多い(↗︎) ・四国地方:やや多い(↗︎) ・九州地方:やや多い(↗︎) (※例年:2007年〜2016年) ※参照元
・日本気象協会

花粉症の時期のピーク

スギ

全国的に見ると
3月頃にピークを迎える傾向がありますが、特に関東地方はピークの時期が長く、
2月上旬ごろから4月下旬ころまでスギ花粉のピークが続きます。 北海道は飛散する時期は他の地域よりも遅く、
3月の中旬頃から5月の上旬頃に飛散が見られます。

ヒノキ

関東では
3月中旬〜4月下旬がその最盛期となっています。九州地方が一番ピークを迎えるのが早く、
3月上旬〜4月上旬にかけてピークを迎えます。 北海道では
4月下旬〜6月頃まで飛散が見られますが、スギ花粉同様、被害はそれほど多くはありません。

2016年 春花粉の流行傾向を振り返る

《2017年》花粉流行速報!最新の飛散予測とピーク時期を徹底ガイド

流行概要

2016年のスギやヒノキの花粉は、西日本に多く、東に行くほど少なめであるという特徴がありました。 また、北海道や九州などでは2015年より飛散量が増加しましたが、夏場に天候が崩れたことによって全国的な飛散量は平年を下回り、2015年の55%であったということです。

症状傾向

全体としての飛散量は多くなくても、比較的に長期間飛散が続き、症状がとてもつらく感じた方も多かったようですね。

秋花粉について

イネ科

《2017年》花粉流行速報!最新の飛散予測とピーク時期を徹底ガイド
■ 流行時期:比較的一年中みられますが、5月と9月にも一つのピークがあります。
■ 症状: 目のかゆみや咳、くしゃみ、頭痛など
■ 流行地域:全国的
■ 治療法:抗ヒスタミン薬など
■ 予防対策:できるだけ水田に近づかない

キク科(ブタクサ)

《2017年》花粉流行速報!最新の飛散予測とピーク時期を徹底ガイド
■ 流行時期:8~10月くらい
■ 症状: 鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなど
■ 流行地域:全国的
■ 治療法: 抗ヒスタミン薬など
■ 予防対策:ブタクサの花粉は遠くには飛びにくいので、ブタクサに近づかないようにする

キク科(ヨモギ)

《2017年》花粉流行速報!最新の飛散予測とピーク時期を徹底ガイド
■ 流行時期:7~10月頃
■ 症状: 目のかゆみやくしゃみ、咳など
■ 流行地域:北海道に多い。本州にはそれほど多くない
■ 治療法:抗ヒスタミン薬など
■ 予防対策:あらかじめ抗アレルギー薬の内服をしておく

秋に気を付けたい花粉以外のアレルギー

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会