ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

学歴から「額歴」へ10年後には「新額歴社会」とは!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


11月に入り、日本経済団体連合会(経団連)が大手企業の冬のボーナス額の平均額の調査結果を公開するなど冬のボーナスの話題も増えてきている。そんな中、東京都新宿区にあるマネースクール「ファイナンシャルアカデミー」が男女1000人を対象に行った「お⾦の使い方や価値観に関する意識調査」の結果を発表した。
今回の調査では今後は良い「学歴」を得ることより⾃分の収⼊・⽀出を管理して将来に備える力「新額歴」が大切になるだろうと考えている人が88.6%にも及び、約9割の人が今までの人生で学ぶことのなかった「新額歴」が大切になると考えていることがわかった。現在の日本では⼀般的に親が子ども1⼈に対して掛ける教育費は最低でも約1,000万円といわれており、「学歴」を得る為の投資は積極的に行われているにも関らず、新たな価値観である「新額歴」を重視しているということは、新たな価値観である「新額歴」が浸透しているということだろう。
結婚相手に求める条件でも1980年代のバブル景気全盛期、⼥性が結婚相手の条件に求めた条件は⾼学歴、⾼⾝⻑、⾼収⼊の「3⾼」だったが、今回の調査によれば「⾼学歴」と「⾼額歴」のどちらの相手と結婚したいかという質問にも、79.5%の⼥性が「⾼額歴」と回答し、その中でも20代⼥性は88.0%、30代⼥性が83.2%、50代⼥性が84.0%、60代⼥性が68.0%と60代以外は8割以上の⼥性が「⾼額歴」の⼈と結婚したいという結果になった。「高額歴」という新たな価値観は結婚という観点でも⽣まれてきており、現在の「学歴社会」は今後「新学歴社会」に変化していく流れを今回の調査が物語っているのではないか。

【Nicheee!編集部のイチオシ】
オリラジ中田1回限り「東洋のガラパゴス」生プレゼンにご招待!
思わず見てしまう機内安全ビデオ ターキッシュ・エアラインズ「6秒の魔術師」とコラボ
一緒に山に行きたい有名人1位はイモトアヤコ!新しい祝日「山の日」に関するアレコレを徹底調査!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。