ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

軍艦島など日本各地で大ジャンプ!『VR Jump Tour』がGear VR向けに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年11月18日、大ジャンプ体験アプリ『VR Jump Tour』がOculus Storeにて販売が開始されました。Gear VR向けのVR体験で、価格は90円となっています。

本アプリは、VRヘッドマウントディスプレイを被った体験者がその場で体を使ってジャンプすると、上空に急上昇している映像に切り替わり、自分が本当に飛んでいるかのようなVR体験が可能。

基本的には頭を動かすことしかできない実写のVRコンテンツで、インタラクティブな要素があるものは非常に珍しくなっています。

『VR Jump Tour』で体験できる場所は全部で11種類。普段は見学が制限されている「軍艦島」、東京を見下ろせる「恵比寿ガーデンプレイス」、そして現在入山規制がされている「阿蘇山」といった日本各地の名所を大ジャンプすることができます。

本アプリの開発者は、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社に在籍する伊藤周氏。2014年に開催されたゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC2014」のインタラクティブセッションにて、VR Jump Tourの基本技術の「実写画像を使ったVRコンテンツ開発」を発表し、2位を受賞しました。

今後は日本以外の場所でも撮影していき、体験できる場所は順次増えていく予定。またジャンプ撮影をしてほしい場所についての依頼も受け付けているとのこと。連絡先は「VR Jump Tour」ページ内にて記載されています。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。