体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現行型の流通本格化により旧型アウディ A4/A4アバントの低走行系物件、いよいよ100万円台半ばに!

▲現行型の登場から10ヵ月がたった現在でも十分シュッとした印象の旧型アウディ A4。これの比較的低走行な物件が今、かなりお手頃な相場になっています

▲現行型の登場から10ヵ月がたった現在でも十分シュッとした印象の旧型アウディ A4。これの比較的低走行な物件が今、かなりお手頃な相場になっています

車両価格150万円ぐらいから十分探せます

「そろそろ上質で機能的なドイツ車ってやつに買い替えてみたい。しかし新しめの年式はどうせ高いに決まってるし、かといってあまり古いのには乗りたくないし……」とお思いの人、結構いらっしゃるかと思います。そんなあなたにぜひ注目していただきたいのが、今年初めに「先代」となったばかりの旧型アウディ A4およびA4アバントです。

ご承じのとおりA4シリーズは、アウディの販売上における中核を成しているミドルクラス。「A4」というのがセダンで、「A4アバント」はいわゆるステーションワゴンです。で、前述のとおりセダンは今年2月から、アバントは同4月から、フルモデルチェンジを受けた新型が日本市場に投入されましたので、それまでのモデルはめでたく(?)旧型と相成りました。

通常、フルモデルチェンジが実施されると旧型の中古車相場は大きく下がるものですが、旧型A4/A4アバントはなぜか下がりませんでした。や、もちろんそれなりには下がりましたが、あまり大きくは下がらなかったのです。その事実が「あえての旧型狙い派」を落胆させたわけですが、しかしここへきてようやく旧型の相場が大きく下がってまいりました。

モデル末期にあたる14年式や15年式付近はさすがにまだ少々お高いですが、08~12年式あたりの平均価格は10月10日頃を境に急落。具体的には11月8日現在、09~12年式アウディ A4の平均価格が約194万円で、同年式のA4アバントは約210万円です。そしてこの数字は「平均」ですので、実際の市場にはさらにお手頃プライスな旧型A4およびA4アバントが数多く流通しています。イメージ的には「車両価格150万円ぐらいから余裕で探せる」という感じでしょうか。

▲こちらはセダンの旧型アウディ A4。販売期間は08年3月から16年1月で、主なグレードは1.8Lターボの1.8 TFSI(FF)と2Lターボの2.0 TFSI クワトロ(4WD)、そして3.2L V6の3.2 FSI クワトロ(4WD)。100万円台で狙えるのは1.8 TFSIと2.0 TFSI クワトロが中心で、3.2 FSI クワトロは希少

▲こちらはセダンの旧型アウディ A4。販売期間は08年3月から16年1月で、主なグレードは1.8Lターボの1.8 TFSI(FF)と2Lターボの2.0 TFSI クワトロ(4WD)、そして3.2L V6の3.2 FSI クワトロ(4WD)。100万円台で狙えるのは1.8 TFSIと2.0 TFSI クワトロが中心で、3.2 FSI クワトロは希少

▲こちらが旧型A4アバント。スタイリッシュなステーションワゴンですが、荷室容量もそこそこあります

▲こちらが旧型A4アバント。スタイリッシュなステーションワゴンですが、荷室容量もそこそこあります

確かに現行型や旧型末期の方が何かと充実はしているが

「でもそういう安い中古車って、どうせ過走行車とかなんでしょ?」と思うかもしれませんが、そうでもありません。「走行距離3万km台まで/修復歴なし」という条件に絞っても、車両価格おおむね150万~199万円ぐらいでイケてしまうのですよ。

要するに新車の軽自動車に毛が生えたぐらいの予算感です。それで旧型とはいえアウディ A4/A4アバントの好条件車が狙えてしまうのですから、「これはもう注目するしかない!」と声を大にして言っているわけです。

もちろん、走行3万km台までとはいえ旧型は旧型ですから、最新の現行モデルと比べればいろいろ劣る点はありますし、同じ旧型でもモデル末期のモノと比べて不利な点はあります。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。