ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅は人生を変えたのか。「原体験」を語る4人のコトバ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?

「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。
「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだよ」とやさしく反論したい。

これは、書籍『The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅』からの一節です。旅に出ることで、本当に人生は変わるのでしょうか?

ここでは、本書でインタビューが収録されている、起業家・山川咲さん、ベストセラー作家・高橋歩さん、ライフスタイルプロデューサー村上萌さん、キングコング西野亮廣さんの4人の「旅にまつわる言葉」を紹介したいと思います。思わずハッとさせられるヒントが散りばめられているはず。

01.
旅に出ることが、自分自身にしてあげられる唯一のことだった気がします。

山川 咲(CRAZY WEDDING創設者)

必ずしも、ポジティブな想いだけで行くのが「旅」ではありません。CRAZY WEDDINGの創設者である山川咲さんは、起業する前にオーストラリアへ一人旅に出たそうです。当時勤めていた会社をやめ、妊娠と流産という人生ととことんまで向き合う節目があり、藁をも掴む思いだったとか。

「前向きな何かが見えそうだから行く」というよりも、「今、先が真っ暗でパニックになっている私のために旅に出なくちゃ」という気持ちの方が強かったですね。旅に出ることが、自分自身にしてあげられる唯一のことだった気がします。

【もうひとつの言葉】
適当に生きてきた人なんて、この世の中に1人もいない。みんな悩んで葛藤して、一生懸命頑張ってきたことがあるはずなんです。ダメな人生なんて絶対ない。

02.
旅はどこへ行くかじゃなくて、だれと行くかだ。

高橋 歩(自由人)

『人生の地図』や『LOVE&FREE』など、数々のベストセラーを世に送り出し、旅界のレジェンドと言っても過言ではない高橋歩さんですが、意外にも「一人旅は苦手。全然そういう欲求がないんだよね」とのこと。奥さんのさやかさんとは、結婚して3日後に、世界一周の旅へ。

大切な人と一緒に旅をする方が好き。宝物をよりすばらしいものだと思えて、関係を深めていけるから。「愛する人と自由な人生を」って意味での、LOVE&FREE。旅はどこへ行くかじゃなくて、だれと行くかだ。

もうひとつの言葉】
自分の家庭がうまくいってねぇのに世界平和とか言ってもさ。家族が集まったものが国で、世界なんだから。説得力ねぇだろって。

03.
旅で自分を変えにいくんじゃなくて、今の自分を知りにいく。

村上 萌(NEXTWEEKEND代表)

20歳のとき、自分で成人の儀式をやろう!と、成人式をすっぽかしてニューヨークに行ったという村上萌さん。「行けば何かが変わるような気がした」そうですが、実際には「何も見つからなかったんです。まだ何も持ってない自分が裸になったような気分でした」と。

「旅は、行けば何かあるんじゃなくて、自分で見つけていくものなんですよね。この場所で、私が何をするのかの方が大事で。次にニューヨークに来たときは、どうしてここに来たのか、何者として来たのかが言える自分になっていたいと思ったし、いつかちゃんと追いつきたいなと思って」

【もうひとつの言葉】
朝起きて、急に人生が変わるようなことはないから、いま目の前のものをどういうふうにしていこうかなっていうのは、すごく向き合うようになりました。

04.
今、生きている世界の外に出た方が絶対にいい。無茶して、挑戦したあとには、たまらない興奮があるから。

西野 亮廣(おもしろ絵本作家・キングコング)

お笑いの活動だけでなく、日比谷公会堂での独演会や、NYでの個展を成功させるなどアート制作にも積極的な西野亮廣さん。「ひな壇に出ない」「グルメ番組出ない」「「クイズ番組出ない」「情報番組のコメンテーター出ない」と決めたそうの行動はまるで「芸能界」という世界の外に出る旅とも言えるかもしれません。

「芸能界って、何かひとつ突き抜けないといけない世界だと思っているんですが、僕は全体的に70点だったんです。それはほんと全然価値がないことで。だから野生動物のように、たとえば片方の前足っていう便利なものを切り捨てることで、どっか別のところが進化して、そこに価値が出て武器になるんじゃないかって思ったんです。だから踏み外した方がいい。無茶して挑戦したあとには、たまらない興奮があるから」

【もうひとつの言葉】
超ドキドキする大冒険を1回でも経験すると、もっと挑戦したくなる。失敗なんて怖くないですよ。だって失敗は、全部ネタにできるから。『The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅』編著:四角大輔、TABIPPO(いろは出版)

元ミリオンヒットプロデューサーであり、現在はニュージーランドで半自給自足の森の生活を営み、世界中で移動生活を送る執筆家・四角大輔の4年ぶりの新書。NHKディレクター、作家、LGBT 、起業家、医者、エンジニア、自由人、美容師、プロデューサー、教師、カフェオーナーなど、14人の“時代の疾走者たち”の「原体験」としての旅のストーリーをまとめた一冊。山川咲、高橋歩、西野亮廣、村上萌との対談も収録。

関連記事リンク(外部サイト)

21世紀を生き抜くひとつの方法。「自分だけの人生の旅」をつくる
「退屈に追いつかれない速さで、走れ」。NHKディレクターがゾクゾクする生き方を見つけた旅
1人旅が、あなたの人生を劇的に変える「9つの理由」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。