体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅は人生を変えたのか。「原体験」を語る4人のコトバ

生活・趣味

旅は人生を変えたのか。「原体験」を語る4人のコトバ

一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?

「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。
「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだよ」とやさしく反論したい。

これは、書籍『The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅』からの一節です。旅に出ることで、本当に人生は変わるのでしょうか?

ここでは、本書でインタビューが収録されている、起業家・山川咲さん、ベストセラー作家・高橋歩さん、ライフスタイルプロデューサー村上萌さん、キングコング西野亮廣さんの4人の「旅にまつわる言葉」を紹介したいと思います。思わずハッとさせられるヒントが散りばめられているはず。

01.
旅に出ることが、自分自身にしてあげられる唯一のことだった気がします。

旅は人生を変えたのか。「原体験」を語る4人のコトバ

山川 咲(CRAZY WEDDING創設者)

必ずしも、ポジティブな想いだけで行くのが「旅」ではありません。CRAZY WEDDINGの創設者である山川咲さんは、起業する前にオーストラリアへ一人旅に出たそうです。当時勤めていた会社をやめ、妊娠と流産という人生ととことんまで向き合う節目があり、藁をも掴む思いだったとか。

「前向きな何かが見えそうだから行く」というよりも、「今、先が真っ暗でパニックになっている私のために旅に出なくちゃ」という気持ちの方が強かったですね。旅に出ることが、自分自身にしてあげられる唯一のことだった気がします。

【もうひとつの言葉】
適当に生きてきた人なんて、この世の中に1人もいない。みんな悩んで葛藤して、一生懸命頑張ってきたことがあるはずなんです。ダメな人生なんて絶対ない。

02.
旅はどこへ行くかじゃなくて、だれと行くかだ。

旅は人生を変えたのか。「原体験」を語る4人のコトバ

高橋 歩(自由人)

『人生の地図』や『LOVE&FREE』など、数々のベストセラーを世に送り出し、旅界のレジェンドと言っても過言ではない高橋歩さんですが、意外にも「一人旅は苦手。全然そういう欲求がないんだよね」とのこと。奥さんのさやかさんとは、結婚して3日後に、世界一周の旅へ。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会