ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生後4ヶ月の息子がベッドから転落!イタリアの救急病院で過ごした長い夜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本での里帰り出産を経て、イタリアに帰ってきてから約2ヶ月、息子が生後4ヶ月を過ぎた頃でした。私はようやく海外での子育て生活に慣れてきて、すくすくと成長する息子は寝返りをするようになりました。

ある日ミルクをあげ終えた時のこと。ゲップの際、私の服へ盛大に吐いたので、1度ベッドへ寝かせ洗面所へ服を脱ぎに行った時でした。「ゴンッ」という凄まじい音が聞こえ、一瞬で何が起こったか理解し血の気が引きました。すぐに駆け寄ると、案の定ベッドの下に仰向けの息子。そして「きゃーっ」と今までに聞いたこともない叫び声をあげたのです。

すぐに抱き上げてなだめましたが、私の体は恐怖で震えていました。不思議なもので全身が冷たくなる程のパニックなのに、頭の中では冷静に様々なことを考えていて、「これだけ泣くのは正常な証だよね?救急車を呼ぶ前に確認することは〜…」と以前育児本で見た項目を思いつく限り確認しつつ、急いで夫へ連絡しました。

それから約30分後に夫が帰宅し、現状の説明。傷はなく、目や手足の動作もいつも通りであること、そして救急車を呼ぶべきかどうか迷っていると話していた時、大人しくしていた息子が突然また大量に吐いたのです。ハッと息が止まり、すぐに「救急車だ!」となりました。 関連記事:「ドスン!」鈍い音に冷や汗…3ヶ月の赤ちゃんがベッドから落ちた!

救急病院に着いてからはすぐに診察となり、先生へ状況の説明。落ちたベッドの高さ、床の材質、落ちた瞬間を私は見ていなかったことなど…。少し注意を受けましたが、私を安心させるよう明るく診察をしていただきました。そしてなぜか普通の乳幼児検診のようなこともしてもらい、最終的に「特に大丈夫そうだけど、吐いたことが気になるから1泊してって」と先生。

私たちに与えられた部屋は簡易ベッドが1台あるだけ。もちろん息子を1人では寝かせられません。夫にベビーカーを取ってきてもらうよう頼み、息子を抱いていると、突然もう1台の簡易ベッドが運ばれ、イタリア人親子(娘と父親)が入ってきました。どうやらこちらの親子も同じ部屋で1泊するようです。

どうにか息子を寝かせようと試みる私でしたが、さすがはお話好きのイタリア人。隣の親子のお喋りが止まりません。話し声で眠れない息子と、ひたすら息子を抱いてあやす私。そして、私の息子を見て「見てパパ!赤ちゃんが寝そうよ、静かにしなきゃ!そういえばなんで赤ちゃんって…!?」などとまた話に花咲く親子…。

深夜2時頃、ようやく静かになったと思っていたら、どうやらイタリア人親子の父親が娘を置いて帰ってしまったようで、すぐに病院に呼び戻されていました。そしてまたイタリア人親子によるお喋りの再開…。

それまでその会話に少し苛立っていた私ですが、段々と苦笑へと変わり、最後には慣れてきたのか気にならなくなってしまいました。

結局本当に静かになったのは5時頃でした。息子の様子をぼーっと見ていると朝になり先生が来て、何もなかったので帰っていいとのこと。イタリアの救急病院は基本無料なので、診断書を渡された後は手続きもなく、すぐに帰れました。

私も夫も、空腹と寝不足と何より息子への心配でヘトヘトでした。朝日を目にしてようやく、息子が何ともなかったことに心から安心できたのです。帰ってからはすぐにプレイマットを購入し、床に敷き詰めました。もう2度と、息子を柵なしのベッドに寝かせません。それにしても、なが~い夜でした。 関連記事:赤ちゃんの落下事故、その時親はどうするべきか。小児科医 森戸やすみ先生に聞く

著者:tarako

年齢:20代後半

子どもの年齢:9ヶ月

イタリアで0歳児の育児に奮闘中です!日本との違いに戸惑うこともありますが、基本はのんびり笑って過ごしてます。ストレスがたまったときは、生ハムとチーズを食べまくります。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

要注意!歯磨きを嫌がる息子を強引に捕まえた結果、まさかの脱臼!
4歳になったお兄ちゃんが久々に泣いたワケ。子どもの「腕が抜けたら」どうすれば?
血が止まらずパニック! ケガをした1歳の息子に、医師の助言は「◯◯◯を食べさせて」?!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP