ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本唯一のステッキアーティスト オススメの「魔法の杖」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 21歳、大学4年の時に交通事故で右足に麻痺が残り、杖が手放せなくなった楓友子(ふゆこ)さん。都内のIT企業に入社するが、自身が突く杖を見た知人の「そんなのしかないの? かわいそう」という一言にショックを受け、「だったら自分でオシャレな杖を作ろう」と、杖の装飾を始めた。

 その後、会社を辞め、2011年に自らのブランド「Knock on the DOOR」を立ち上げ、日本でただひとりの“ステッキアーティスト”を名乗り始める。100年以上の歴史を誇るドイツ社製の白木杖をベースに、色を塗ったり、和紙などを貼りつけたりした後に、多種多様なラインストーン(模造宝石)で装飾を施す。杖は、「素敵ですね」と評された。

「中高年男性におススメしたいのはこちらです」と楓友子さんが紹介したのは、黒いラメ入りグリップと、ジーンズ柄を基調に黒いレースをあしらった『ジーンズクリスタル』という杖。他にも、あえてひび割れを入れてアンティーク感を出した『クラックブラック』も好評だ。価格は1万5000~4万円程度だ。

「サンプルからデザインを選んでいただき、注文を受けてから一本一本心を込めて手作りしています。装飾は応相談です」(楓友子さん)

※週刊ポスト2016年11月25日号

【関連記事】
「装飾系男子」は「スイーツデコ」ストラップで自己表現する
初めてのめがねには「ピンク系」と「やや太め」がおすすめ
『水戸黄門』杖の材料 史実ではアカザだが折れやすく竹製に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP