ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒロミの勢い衰えず 松本人志、坂上忍いじりでらしさ発揮

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 再ブレイクからおよそ2年。気づけばレギュラー、準レギュラー番組をいくつも抱える売れっ子に返り咲いているタレントのヒロミ(51)。自身がMCを務めた『美女たちの日曜日』(テレビ朝日系、2015年4月~6月)は、視聴率低迷のためわずか3か月で終了してしまったが、それでも勢いは衰えていない。テレビに求められ続けているのはなぜか。

 元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア論)の碓井広義さんは、その理由をこう語る。

「2年ほど前にヒロミさんと同じ番組に出たことがありますが、彼には他のタレントにはない不思議な余裕がありました。実業家としての経験がベースにあるからでしょうか、『俺は別にテレビに出なくても困らないけど頼まれたから出ている』くらいに見えました。

 ヒロミさんはファンが付いているわけでもないし、視聴者から求められているわけでもない。それでも重宝されているのは、番組構成上、ヒロミさんのような毒のある人が必要な場面があるからです。そういう人はたくさんは必要ないけれど、番組が予定調和にならないように何人かは欲しいのです」(碓井さん、以下「」内同)

『ワイドナショー』や『バイキング』(ともにフジテレビ系)などで時事ネタにも鋭く切り込んでいるが、ヒロミの大きな武器といえばやはり「大物いじり」だ。『ワイドナショー』では、松本人志に突っ込みを入れ、『バイキング』では暴走する坂上忍をいじりながらもブレーキをかける役回りを演じている。

「復帰してからも大物や人気者の間にうまく入っていると思います。ヒロミさんは昔から、大物芸能人に甘えながらからかうのが上手で、それが実績にもなっています。馴れ馴れしく近づいて揺さぶることは、昨日今日出てきた人にはできません。そこは30年のキャリアがモノを言っているのだと思います。

 大物タレントと一般タレントのパイプ役であり、上下を結ぶ中で笑いを取る芸風。各大物タレントには子分のようなタレントがいますが、ヒロミさんのように複数の大物の子分役ができる人はいません」

 かつて天狗になりレギュラーがゼロになったヒロミだが、復帰後は長所を活かしながらうまく立ち回っている。しかし、『美女たちの日曜日』が視聴率不振で打ち切りになるように、やはりヒロミは、隣に大物がいてこそ輝くタレントなのだろうか。

「子分役として優秀ということは、裏を返せば座長の器ではないということ。太陽と月のような違いがあって、大物の威光があるから自分も光って見せることができている。昔は自分のポジションが分かっていなかったと思いますが、今はそれが分かっているように見えます。それを忘れたら、またテレビの仕事を失うでしょうね」

 自分の立場をわきまえていれば、テレビにも居場所はある。ヒロミのタレント人生はまだまだ続くのだろうか?

「タモリさん、たけしさん、さんまさんの『お笑いビッグスリー』に加えて、所ジョージさんなど、テレビの世界は30年間ずっとトップの人たちが変わりませんでした。そういう人たちがまだテレビに出ているから、ヒロミさんもすぐに復帰することができた。逆に言えば、彼らが引退していなくなった時が、ヒロミさんもテレビから消える時かもしれません」

【関連記事】
今なおヒロミにゾッコンの松本伊代 「ダーリン」と呼ぶことも
有吉弘行が坂上忍でなく再ブレークのヒロミを恐れる理由とは
タレント休業時代のヒロミが「タモリ会」に呼ばれ続けた理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP