ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初著書刊行の加藤綾子アナ 「今でも常に不安と隣り合わせ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女子アナ代表といわれてきたカトパンこと加藤綾子アナ(31才)が初めての著書『あさえがお 心のハンドルをぎゅっとにぎる33の言葉』(小学館)を11月18日に発売した。

 2008年にフジテレビ入社。「カトパン」の愛称で親しまれ、秋からは情報番組『めざましテレビ』(月~金曜の早朝5時25分から放送)に出演。また、『ホンマでっか!?TV』ではMCの明石家さんま(61才)と絶妙なトークを見せるなど、フジの看板アナとして走り続けてきた。

 そんな朗らかな彼女にも、幼少期の苦悩があったという。実は、小さい頃にはひどいアトピー性皮膚炎に悩まされていたというのだ。現在、症状は比較的おさまっているが、完治したわけではない。肌に不調が表れることもあるが、上手くつきあえるようになったという。

「今でも不規則な食事や睡眠不足など、体に負担がかかる状態が続くと湿疹ができたり、体調が万全でないときに日差しの下に出ると真っ赤になってかゆくなったりして、今でも常に不安と隣り合わせです。でもこうした症状は体のSOSサインだと捉えて早めに対応できるようになりました。

 アトピーとの闘いはなかなか大変ですが、今後もこうして上手くコントロールしながら一生つきあっていく覚悟をしています。それに、この経験があったからこそ乗り越えられたこともあった、と前向きに捉えられるようにもなりました。アトピーでつらかったからこそ、より多くの幸せを感じられるようになったんだと思います」

 それこそが、加藤アナの「幸せのハードルは低いほうが楽しい」という彼女のモットーにつながっていった。

 日常生活のささやかなことに幸せを感じるという彼女は「人からいろいろ言われることも多いですが、“エール”だと思うようにしています」とあっけらかんと話す。その姿はとてつもなくポジティブに映るが、人間関係で悩んだことがないわけではない。それでも彼女がいつも変わらず笑顔でいられるのは、しなやかな強さがあるからだろう。

 フリーになって半年。早朝番組出演のため深夜に起床、夜明け前の出社を7年以上も続けてきた生活は一変した。今では昼前に起きてゆっくりテレビを見たり、ジムに通ったり、読書の時間を取ることもできるようになったという。

「本の執筆も、フリーになったことそれ自体も、私にとって新たなこと。私はもともとあまり大きな変化を好まない性格なので、新しいことを始めるにはかなりの勇気と覚悟が必要でした。

 でも、やってみて改めてたくさんの大切な物事に気づくことができたように思います。

 同じようにアトピーに悩んでいるかたや、仕事の壁にあたってつらい思いをしているかた、友人関係に悩んでいるかた…いろいろな悩みを抱えていらっしゃるかたが一歩を踏み出す小さなきっかけになれたら、本当に嬉しいです」

 著書には、彼女を呪縛から解き放ったというさんまの一言から、吉田松陰、ミランダ・カーら33の名言が紹介されている。そしてどうしても行きたかったという祖父母の出身地・香川県で撮影した撮り下ろしの素顔も。

 1泊2日の過酷な撮影スケジュールでも、会議室に缶詰で著書の執筆作業で徹夜続きになった時も、番組収録の合間にほんの少しの休み時間がなくても、加藤アナが笑顔を絶やすことはなかったという。

『あさえがお 心のハンドルをぎゅっとにぎる33の言葉』は、そんな彼女の秘密がふんだんに詰まった一冊だ。

撮影■中村和孝(まきうらオフィス)

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
祝フリー転身!グラフィティで振り返る加藤綾子アナ【後編】
フジ若手アナ 寿退社の本田朋子を慕うも平井理央の話は出ず
祝フリー転身!グラフィティで振り返る加藤綾子アナ【前編】

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP