体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大掃除をラクにするために今から始める「ついで掃除」のススメ

大掃除をラクにするために今から始める「ついで掃除」のススメ

昨年末、「紅白歌合戦」が始まった時間に、まだ換気扇のドロドロ油汚れと格闘していたこの私。だからこそ、今年はもう少し要領良く大掃除を進めたい! そこで、NPO法人日本ハウスクリーニング協会理事の高橋敬子さんに、効率の良い大掃除の進め方についてご指南いただいた。

1~2日で1年分の汚れを落とすのはほぼ不可能

「そもそも、1年の汚れを1日で落とそうとすること自体が無理なんです。プロが4~5人でとりかかっても、丸一日かかりますから」(高橋さん・以下同)

ガーン! 「うまいやり方を教わって、今年の大掃除はラクに終わらせたい」という私の甘い目論みをすでに見抜いているかのような高橋さんの言葉が、しょっぱなから尖ったナイフのように私の心に突き刺さる。

「だからこそ、掃除は季節ごとの年4回くらいに分けて済ませておくか、あるいは大掃除の『メインの日』を決めて、その1カ月前から徐々に進めておく作戦をお勧めします」

なるほど。季節ごとの掃除は今からでは不可能だけど、「1カ月前から」という作戦ならまだ間に合いそうだ。

「1カ月前から1週間ごとに重点ポイントを設定して、平日の夜に少しずつ進めましょう。掃除で一番やっかいなのが、キッチン、トイレ、浴室、洗面台といった水まわりですが、これらの箇所は、夜でも照明があれば掃除が可能。だからこそ、平日の夜に『ついで掃除』をするには、格好のポイントというわけです」

1カ月間の「水まわり掃除」は、普段、目の届かない箇所を重点的に

1カ月前から始める水まわりの掃除は、1週間ごとにどんなふうに進めればよいのだろうか。

「まず、第1・2週目は『キッチン重点週』。夕食の後、お茶碗を洗った流れで『今日は換気扇のフィルターを洗ってしまおう』『今日はコンロまわりの五徳をきれいにしよう』といった具合に、平日に15分間ずつ『ついで掃除』をちょこちょこ進めれば、平日5日間で75分ぶんの掃除ができます。土日はお休みしましょう」

この要領で、第3週目、第4週目と、それぞれ重点ポイントを決めてコツコツと進めていくというわけだ。1日15分でも、1週間(5日間)75分、4週分で300分、つまり5時間分にもなる。

「この1カ月間は、普段、なかなか目の届かないポイントを意識しましょう。例えば、トイレは、いつも上から見下ろして掃除しているはず。目線を下げてみたり、いつもは目に入らない便器の縁まわりの裏側などを鏡で見てみると、とても汚れているはずです」

下が、高橋さんが今年のカレンダーで組んだ大掃除スケジュールだ。【画像1】大掃除「メインの日」を12月の第3日曜日である12月18日に決め、そこから逆算して1カ月前(正確には4週間前)の11月21日から「ついで掃除」を始めるスケジュールとなっている。「大掃除」というと、もっと押し迫ってから始めるイメージがあるが、今年の暮れはゆったりと『紅白歌合戦』が見たいので、その意気込みで少々前倒しの日程を設定してみた(高橋さんの話をもとに筆者作成)

【画像1】大掃除「メインの日」を12月の第3日曜日である12月18日に決め、そこから逆算して1カ月前(正確には4週間前)の11月21日から「ついで掃除」を始めるスケジュールとなっている。「大掃除」というと、もっと押し迫ってから始めるイメージがあるが、今年の暮れはゆったりと『紅白歌合戦』が見たいので、その意気込みで少々前倒しの日程を設定してみた(高橋さんの話をもとに筆者作成)

大掃除『メインの日』には、明るいうちに外まわりを終える段取りで

「1カ月かけて水まわりを一通り終えた後は、いよいよ『メインの日』。水まわり以外の部分に着手するわけです」

まず最初に手を着けたいのが、窓ガラスや玄関やバルコニーといった「外まわり」。なるべく明るい日中のうちに終えておこう。暗くなってから掃除すると、そのときは一見、きれいになっても、翌日明るくなってから見ると、雑巾の跡が残っていたりするからだ。

「特に一戸建てだと、四方向に窓があり、窓だけでも半日では終わりません。12月は日暮れが早く、15時を過ぎると日が落ちてしまいますから、窓は最優先。なるべく早めに始めましょう」

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会