ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不眠症には4種類あるってご存知?眠れぬ夜はバナナを食べると効果アリ!

  • ガジェット通信を≫


昔に比べてはるかの患者が増えた病気の一つが
不眠症です。 不眠症はただ眠ることができないだけでなく、普段の生活を送ることが困難になってしまう事があります。 今回は、不眠症の種類や原因、対処方法についてご紹介したいと思います。

要チェック項目

□不眠症には4種類の症状がある □不眠症はストレスが原因であることが多い □不眠症にはトリプトファンを多く含む食べ物がおすすめ

不眠症とは

不眠症とは現代病の一つにも数えられている病気です。 読んで字のごとく眠ることができない、もしくは眠りが浅くて何度も夜中に目が覚めるといった病気です。軽く聞いた感じでは、大した病気ではないのではないかという人もいます たしかに、健康な状態であれば、1日2日睡眠不足が続いてしまったとしても、日常生活に支障をきたすほどのものではありません。 ですが、その眠れない状態が数週間、もしくは1か月以上継続してしまったと想像してみてください。 活動時間において、眠気や気だるさがうまれるだけでなく、集中力を保つことができなくなり、最悪の場合意識を失って命にかかわることもあります。 また、命に危機に瀕することはなくても、うつ病などの精神的な病気を併発してしまう事もあります。

不眠症には4つの種類がある

一般的にはあまり知られていませんが、不眠症は一つの種類ではなく4つの種類に分類することができます。また、不眠症に悩む人の多くは、複数の不眠症の症状に悩まされている人が多いです。

入眠困難タイプ

不眠症の中でも最も多い症状です。眠いのだけれども、布団に入ってからすぐに寝付くことができずに1時間以上眠ることができない症状です。

中途覚醒タイプ

比較的、日本人が陥りやすい症状がこのタイプです。布団に入ると眠ることができるのですが、夜中に何度も目が覚めてしまったり、一度目が覚めると寝なおすことができない症状です。眠りが浅いので疲れやすいです。

早朝覚醒タイプ

このタイプは、目覚まし時計をかけてもそれがなる1時間以上前から目が覚めてしまう症状です。再び眠ろうとしても眠れない場合が多いです。

熟眠障害タイプ

このタイプは、一見長時間眠ることができているので不眠症のように感じませんが、睡眠時間全体を通して眠りが浅く熟睡できていない症状です。眠っているはずなのにいつまでも眠いので、悩んでしまいがちです。

不眠症の原因

不眠症の原因というのは、人それぞれであり様々なものがあります。どれか一つに当てはまることもありますし、複数当てはまることがありますので一つずつ見ていきましょう。

ストレス

現代社会においては、最も多い原因として挙げられるのがストレスです。 過剰なストレスにより悩んでしまうと、考え事をしてしまい、それにより不眠になることもありますし、自律神経そのものが乱れてしまい、眠ることができない体質になってしまいます。

精神疾患

ストレスに通じるものがありますし、不眠症になることでうつ病や統合失調症などの精神疾患を併発してしまう事があります。

飲酒・喫煙

飲酒・喫煙も不眠症の原因になりえます。特に飲酒などは、寝つきを良くするためにと寝る前に寝酒として飲む人が多いです。ですが、アルコールやニコチンは、交感神経を活性化させたり、脳を覚醒させる効果があります。

スマートフォン

近年の研究で明らかにされたのが、スマートフォンが原因とされる不眠症です。寝る前にスマホをチェックするという人は結構いると思います。 スマホの画面からはブルーライトという光線が出ています、それを浴びると目の覚醒効果を促してしまいます。

不眠症の解消方法

不眠症を改善するためには、精神的なリラックスをしたり、ストレスを解消することで改善されることが多いです。ここでご紹介する方法はストレスによるうつ病などの精神疾患にも効果が高いです。

規則正しい睡眠をとる

不眠症により、人の体内時計というのは狂わされてしまいます。狂ったままでは、不眠症は改善されません。 眠くなかったとしても、毎日同じ時間に別途で寝起きするようにすると、体内時計の狂いを少なくすることができます。

カフェイン・タバコ・アルコールを控える

不眠症で悩んでいる間は、交感神経を活性化させる作用のあるコーヒーやお茶に含まれるカフェインや、たばこに含まれるニコチン、アルコールの摂取を控えるようにしましょう。 アルコールやカフェインに含まれる成分には利尿作用がありますので、せっかく寝ることができても起きてしまう事がありますので気をつけましょう。

軽く運動をする

本格的な運動は、脳を覚醒させる作用がありますのであまりおすすめできませんが、ジョギングやウォーキングなどの軽い運動であれば、適度な疲れにより快眠へと導きやすくなります。

就寝の1時間前に入浴する

人は眠るときには体温を下げる働きがあります。ですので、高い体温から低い体温へと移行するときというのは、眠りやすい状態になります。 睡眠をとる1時間くらい前に入浴することで、入浴により温めた体温の低下が睡眠の体温低下と重なり眠りやすくなります。

不眠症に効果のある食べ物

食生活を見直すことで、不眠症を改善することも可能です。食べ物には乱れた自律神経を改善させる効果があるものもありますので、積極的に食べていくようにしましょう。

乳製品

乳製品には、イライラを解消するためのカルシウムや、不眠症に非常に効果が高いトリプトファンが含まれています。トリプトファンは、睡眠を促すホルモンであるメラトニンに体内で変化をします。

バナナ

果物では、バナナが最も多くのトリプトファンが含まれています。また、消化吸収能力も高いです。牛乳などの乳製品と一緒に摂取するとさらに効果的にトリプトファンを取り込むことができます。

ハーブティ

カフェインが含まれる飲み物は、交感神経を活発にさせるため控えたほうが良いです。そのあいだにおすすめの飲み物としてはハーブティです。 カモミールやミントなどは、リラックス効果がありますので、夜飲むのもおすすめです。

はちみつ

はちみつにはトリプトファンが多く含まれているだけでなく、トリプトファンを体内に吸収しやすくする効果があります。 はちみつ単体で食べてもいいのですが、ヨーグルトや牛乳、ハーブティと一緒に摂取するとよいでしょう。

不眠症と向き合って改善を目指そう

今回は、不眠症の種類や原因、その対処法についてご紹介させていただきました。 不眠症は、複合的な症状が併発することもあります。 多くはストレスなどの心的要因が原因とされることがあり、それらを改善すると今までの不眠がウソのようになくなることもあります。 不眠症の原因と向き合って、不眠症を少しずつ改善して供養にしましょう。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

【更年期障害】夜眠れなくなるのも更年期の症状?
《SMAP》中居くん不眠症に悩む…吾郎さんが送った4つの快眠アドバイス
実は病気のサインかも…?心配がないあくびと心配なあくびの違いとは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP